老人性乾皮症の特徴や症状について。


老人性乾皮症について

年を重ねるとともに、お肌の水分量や皮脂の分泌量が減ってしまうため、乾皮症はお年寄り特有の症状と言っても過言ではありません。特に、空気が乾燥する冬に多くなりますね。症状が全身に及んでしまうため、スキンケアにも手間がかかります。

背中や腰のあたりに痒みが特に出やすいのですが、高齢者にとって体の後ろの部分に自分で保湿剤を塗るのは難しいため、第三者の助けがないとケアが行き届かず、なかなか完治しないケースもあります。



皮膚の表面に大きな変化は見られないが・・

軽度の場合は、皮膚の表面にブツブツや赤みなどのいわゆる湿疹のようなものは見られず、白く粉を吹いた状態だったり、ウロコ状に皮膚の表面がひび割れている状態であることが多いですね。

一見、皮膚炎は何も起きていないように見えますが、ご本人は強い痒みを訴えるのが老人性乾皮症の特徴です。湿疹などが見られないからといって、何も処置をせずにいると、掻き壊しから炎症が起きたり、皮脂欠乏症湿疹に発展することもありますので、早めの対処を心掛けましょう。

高齢者に多い乾皮症の症状



保湿と毎日のスキンケアで症状を悪化させない

痛みは我慢できても、痒みは我慢できない

「人は痛みは我慢できるが、痒みは我慢できない」と言われてます(笑)。それくらい痒みを我慢するのは難しく、特に就寝中は無意識に掻いてしまいます。全身の痒みは生活の質(QOL)も低下させますから、痒みを起こさせない対策をしていかないといけませんね。


掻かない工夫をして悪循環を断ち切る

痒くて掻いてしまうと、その刺激によって更に痒みが増すという悪循環が生じます。そのため、痒みが出てから対処するのではなく、皮膚が乾燥しないような工夫が重要になります。

また、皮脂を落とし過ぎないよう、お風呂の時に洗浄力の強い石鹸は使用しないことも大事ですね。熱いお湯に長時間浸かるのも皮脂を落とす要因になりますので、日常の生活習慣を見直しながら保湿をしていきましょう。

先ほども書いたように、背中や腰など背部に自分で保湿剤を塗るのは難しいですから、ご家族の方のサポートが必須です。



角質を軟化させる尿素配合のクリームが有効

加齢によって角質層のうるおいが減り、角質層が厚くなりやすいため、一般的な保湿クリームだけではあまり効果が出ないこともあります。高齢者の場合は、尿素配合のクリームは硬くなった角質を柔らかくする作用があるため有効だと言われています。

ただ、傷などがある場合は尿素がしみて痛いこともありますので、使用感や効果を見ながら症状に合った保湿剤を探してみてください。全身に塗る場合はクリームよりもローションタイプや乳液タイプの方が伸びが良く、ベタつきも少ないと思います。


乾皮症に効果のある塗り薬の一覧はこちら

(保湿剤を塗るタイミングで一番適しているのはお風呂上り!)