乾皮症(皮脂欠乏症)の原因や症状について。なりやすいのはこんな人。


乾皮症(皮脂欠乏症)の原因

乾皮症は皮脂欠乏症とも言われ、文字通りお肌の皮脂が失われることで起こります。皮脂が失われると、皮膚の表面がカサカサしたり、白い粉をふいたような感じになったりして、チクチクした痒みなどが起こるようになってきます。

皮膚にはバリア機能というのがあり、本来なら皮脂や角質層のセラミドやNMF(天然保湿因子)がベールのように皮膚のうるおいをキープしているのですが、これらが不足してしまうと肌が無防備な状態になるため、ちょっとした刺激でも痒みや炎症が起きてしまうのです。

加齢とともに皮脂の分泌が減っていきますから、年齢でいうと特に高齢者の方に、この症状に悩まされる人が増えていきます。また、季節では空気が乾燥する冬に多くなる傾向があります。

乾皮症(皮脂欠乏症)の原因



石鹸で洗いすぎに注意!

お風呂で身体を石鹸でゴシゴシ洗うと、皮脂を落とし過ぎてしまったり、皮膚を傷つけてしまうこともあるため、乾皮症の人はなるべく刺激の弱い石鹸を使い、洗いすぎに注意しましょう。
特に、入浴は皮脂を洗い流してしまうため、お風呂上りの保湿を忘れずに行うようにしましょう。入浴後は角質が柔らかくなっているため、保湿剤も浸透しやすくなっています。

乾皮症の保湿と痒みに効く塗り薬はこちらでご紹介しています。


体が温まると痒みが強くなる

入浴などで体が温まり、血行が良くなると痒みが強くなるのが、乾皮症の特徴でもあります。就寝中も同じく体が温まるため、痒みで目が覚めることも。

長風呂を避け、寝具やパジャマは皮膚への刺激の少ない素材を選ぶようにしましょう。電気毛布などの暖房器具も、使用すると痒みや乾燥が悪化することもあります。温めすぎに注意ですね。



乾皮症(皮脂欠乏症)になりやすいのは

お肌の乾燥が要因になるため、季節でいうと空気が乾燥する冬場によくおこりやすくなりますが、なりやすい人というのもいます。外からの刺激だけではなく、加齢によって皮脂の分泌が減るなど、内的な要因も重なって起こるんですね。

乾皮症になりやすいのは冬



年齢を重ねるとともに皮脂の分泌が減っていく

加齢とともに皮脂の分泌が減り、また、水分も失われていくため、乾皮症の相談は高齢になればなるほど増えていきます。主に、脚(特に「すね」や太もも)や腰回りなどにカサカサした小さなひび割れのような症状が現れます。強い痒みを訴えるのが特徴で、「全身が痒い」など、痒みが広範囲になることも少なくありません。

掻いているうちにばい菌が入ってしまい、ジュクジュクした湿疹(貨幣状湿疹など)に変わることもあり、そうなると余計に治りが遅くなってしまうため、カサカサしてきたなと思ったら早めに対処することが大事です。

また、健康な人であれば、保湿剤などで様子を見ても良いのですが、糖尿病患者さんの場合は、皮膚の痒みが出やすかったり、感染症にかかるリスクが高くなりますので、特に脚に乾燥による皮膚トラブルや痒みが強く出る場合は、なるべく早く主治医の治療を受けてください。




アトピー性皮膚炎などの素因のある人

もともとアトピー性皮膚炎のある人や、お肌が敏感な人なども空気の乾燥や寒さによって乾皮症をおこしやすいと言われています。また、それらの素因のある人は症状が悪化しやすく、痒みが強く出ることもあるため、ステロイド薬を使用するケースも多くなります。

痒みが強い場合は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の飲み薬で対処することもありますので、皮膚科で相談することをお勧めします。


生活習慣、洗剤・薬剤に接触する機会が多い人

乾皮症になりやすい人美容師さんや厨房で働く方々など、洗剤や薬剤などに触れる機会の多い職業に就いている方や、屋外での仕事に従事する方など(冷たい外気に長時間さらされるため)は、手荒れや肌荒れを起こしやすいですね。

また、お酒の飲みすぎや辛い食べ物の摂り過ぎなど、食生活もお肌の状態に大きく影響します。生活習慣の見直しや、肌荒れの原因が分かっている場合は、その原因物質と接触しないようにしないと、根本的な解決がなかなかできません

乾燥がひどくなる冬場は、加湿器を利用したり、毎日の入浴で肌をゴシゴシこすらないなど、日常生活の中でお肌が乾燥しない工夫をしましょう。