胃カメラを鼻から飲んだ、43歳男性の体験談を掲載。


鼻から胃カメラ体験談(43歳・男性)

胃カメラを飲むまでの経緯

僕は、埼玉県所沢市に住む、43歳の自営業者です。いろいろと家庭に問題を抱えて、ストレスなのか、半年以上も胃に、強い不快感を感じ、胃酸の抑制のためのガスターなどを処方してもらっていました。しかしそれでも症状は一向に良くならず、毎日胃の部分を左手で押さえながら、仕事をしていました。

胃の調子が悪いわけですから、当然、食事も進みません。ストレス解消のため、アルコールだけはなぜか摂取していましたが、そのほかのガッツリ系の食べ物は、胃が受けつけませんでした。



したがって半年もたつと、僕の体重は、およそ6キロも減ってしまい、久しぶりに会う親戚や友人から「あなた、痩せたんじゃない?」と言われ続けました。

で、かかりつけの医者に、体重の減少を言ったところ、「ただちに胃の検査をしてください!」と強い調子で諭され、胃カメラを飲むのだけは嫌だというわがままをグッとこらえ、胃腸科病院に、診察に行きました。


胃カメラの予約

僕が言ったのは、埼玉県の所沢市の、あだち内科クリニック、というところです。ホームページから予約を入れて、月曜日の朝一に、検査を行うことになりました。(内科とありますが、胃腸科に強い内科ですね)

http://www.adachi-clinic.com/

あだち内科クリニック(埼玉県所沢市)


電話予約の際は、「前日夜9時以降、若干のお水以外は、一切口にしないでください」と言われたくらいで、あとは、「鼻からのカメラにしますか? お口からにしますか?」と聞かれました。

僕は、「どちらが苦しいのですか?」と質問したところ、「鼻からの方が、楽ですよ。でも、当日決めていただいても構いません」という事で、電話では、予約だけにしました。


鼻から胃カメラを決断

当日は、先生による問診です。「一般的には鼻からの方が断然楽で、鼻が狭くて通らない人以外は、鼻からカメラを入れたほうがいいですよ」というアドバイスがあったので、鼻から胃カメラを飲むことにしました。

初めて会話する医師というのは、どこの病院でも、不安感と緊張感がみなぎります。でも僕が行った病院の先生は、しっかりと落ち着いた口調で話されて、妙な信頼感を感じました。

と言いますか、右に行っても左に行っても、結局はこの先生から、鼻の中にチューブを突っ込まれる以外に、選択肢はないのです・笑。なので、僕は腹を決めました。



鼻から胃カメラを飲む前

小さな紙コップに1杯ほどの、ちょっと甘めのある飲み物を、飲まされました。それが何なのかは、特に説明はありませんでした(あるいはあったのかもしれないが、記憶にないほどの事)。それから、鼻の中にピュッと、何か液体を入れられました。液体は口の中まで入ってきて、こちらは多少苦みがありました。

その後、「鼻にゼリーを入れますね」と言われ、まさしくゼリーのようなものを、ニュ~っと入れられました。特に不快感はありません。2,3分すると今度は、「鼻に麻酔をかけますね」、と言われて、鉛筆の太さと同じくらいの、乳白色のチューブを入れられました。

既に鼻の中にはゼリーが詰まっているからか、挿入の違和感は、ほとんどありませんでした。全く、痛くもありません。どういう仕組みになっているのかはわかりません。チューブの側面から、麻酔薬でも染み出すのでしょうか?

なおこの間、ピロリ菌感染や、その他のチェックのための採血も、してもらいました。鼻よりも、血を取る方が、明らかに痛みがありました。



いよいよ胃カメラ検査が始まる!

胃カメラを飲む!

先生がやってきて、いよいよ鼻にカメラ挿入です。右の鼻から、カメラを入れてきます。「体を右向きに寝かせて、リラックスしてくださいね。ちょっと体を丸くしてください」と言われたので、猫背の格好で、右を向きました。

口元には、洗面器みたいなのを置かれて、「唾液が出たら、そのまま出してくださいね」と言われました。

カメラが鼻に入っていく瞬間は、麻酔をしていても分かるものです。でも、決して痛みはありませんでした。「はい、のどの部分に来ました」と言われて、「もうそんなに??」と感じたほどです。

しかし、「これからのどの部分を通過します」と言われてから、ついに「オエっ!!」ときました。時間にして、2分くらいでしょうか。どうしてもオエッとなって、そこから先に入っていきません。

先生から、「もうちょっと、リラックスしましょう!」と言われて、看護師さんから、背中を、(まるで赤ちゃんにそうするかのように)トントンしてもらって、「こりゃ完全にまな板の上の鯉だな」と思いながら、もう必死で飲み込みました。

大体、細長いチューブを、簡単にゴックンできる人なんて、いないじゃないですか。「こんなもん、奥に、入っていくのかよ!?」 と、マジで思いましたね。



胃カメラが胃に到達

でも、ある一定のところを通過すると、「はい、今は食道ですね」と言われて、その後はすぐに「これから十二指腸を見ていきますね」と言われて、「え!?もうそんなに奥まで??」とビックリ。

「ちょっと引っ張られる感じがするかもしれません」と言われましたが、僕は何も感じませんでした。十二指腸の後に、胃を検査です。「今から空気を送り込みますので、少し膨れた感じがします」と言われましたが、これもほとんど感じず。

十二指腸より、ほんの少し胃を長めに検査しているようでしたが、それでもすぐに終わって、「はい、チューブを抜いていきます」と言われました。検査の途中、カメラのモニター映像を見ることができるとか、医師と会話することができると聞いた事があります。けれども、僕にはとてもそんな余裕はありませんでした。

チューブが出されると、鼻血を止めるガーゼが渡されましたが、ほんの少しにじむ程度の鼻血で、鮮血はありませんでした。鼻血というより、鼻水が垂れる、という感じでした。検査結果を待つまでの間は、待合室で待たされました。(ガーゼを鼻に当てながら)



検査結果を聞くのは、怖い

再び先生に呼ばれ、診察室に入ります。「えーっと、結果から言いますと」なんて風に先生が話し始めるので、「癌ですね」と続くのかと思いますよね・笑。

ドキドキしながら聞くと、「悪いところは全くありません。ちょっとした潰瘍とか、潰瘍の跡とか、そういうのも全然ありません。非常にきれいな状態です。」との事。


下記は、僕の消化器の写真です。

胃カメラ検査で見る胃の中の画像



正直、安堵とともに、「じゃあ今までの、私の半年間の胃の不快感は、何だったんだ???」という気持ちでした。先生いわく、「胃と自律神経は、密接に絡み合っています。ストレスで自律神経がやられると、そのような症状を訴える患者さんは、時折いらっしゃいます」との事です。

当然、胃酸を抑制する必要は全くないので、ガスターは中止、胃の調子を(気分程度)改善する、弱い薬を処方してもらいました。先生は、「たぶん、この薬も気休め程度ですよ~」という事でしたが、ホントにそうでした・笑。


検査後の気持ち

検査が終わって何もない事が証明された僕は、先生に、「じゃあこれから、何食っても大丈夫
ですかね? 肉とか、ビーフシチューとか、ビールとか」と聞きました。先生は、「もう、何でも大丈夫です」という事で、その一言で、本当に気分が救われた感じが
しました。

「あ、検査後、1時間は、飲食を控えてくださいね」と言われましたので、1時間待って、ソッコーでデニーズに行って、一番こってりしたメニューの、ビーフシチューのかかったオムライスを注文しました・笑。



それ以来、ビールもお酒も何でもアリで、それなのに、胃の不快感は、驚くくらい消え去りました。いかに、胃の事を気にして生きているのが神経に良くないか、身をもって理解しました。不安を感じるくらいなら、さっさと検査しとけばよかったのです。



ピロリ菌感染も、胃カメラでわかる

正確に、100%分かるわけではないそうですが、胃の内部を見れば、ピロリ菌がいるのかどうか、先生にはわかるのだそうです。「あなたの胃の中には、ピロリ菌はいませんね」と、胃カメラ検査ののちにすぐに言われました。後日、血液検査でもそのような結果が出たので、安心です。



鼻から胃カメラは、歯医者よりも痛くない

検査した体験として言えるのは、「胃カメラを飲むのは、オエッとなる以外は、どうってことない」です。鼻から胃カメラを飲んでかなりオエッとするくらいですから、口から飲むなんて、個人的には絶対にありえません。死んじゃいますよ、そんな事したら。

口から飲む場合、麻酔薬を飲んで寝ているすきにやってもらう方法もありますが、これだと、すぐに帰宅できません。なので、20分くらいで検査できる、鼻から胃カメラが断然よいかと思います。

で、痛い事は全く無くて、正直、歯医者の方がよっぽど痛いです。次回から胃カメラ飲むのは、僕にとっては目薬を差すようなもんです。人一倍の医者嫌いの僕が、このような事を言えるのですから、鼻から胃カメラを飲むのは、大したことではない、という事ですね。

以上、鼻から胃カメラの体験談でした。