テリオミンカプセルより安い薬

・スポンサードリンク

テリオミンカプセルより安い薬を探す

テリオミンカプセルは、殺菌作用のあるアクリノール、及び同様の効果を持つベルべリン、それらに加えて、副交感神経を抑制し、胃腸の運動を抑え痛みを和らげる成分、ロートエキスを配合した市販薬です。

⇒テリオミンカプセル購入はこちら

テリオミンカプセルは、この種のカテゴリーのブランドとしては、一番コストが高いです

ですので、主要な有効成分であるアクリノールやベルべリン等を同じ程度含んだ、より安いお薬を探せば、かなり家計にとってお得になります。

テリオミンカプセルより安い薬

新オルマイト錠、エクトール赤玉が安いです

テリオミンカプセルとは若干成分の量が異なりますが、ほぼ似たり寄ったりの市販薬として、新オルマイト錠やエクトールが安いです。


新オルマイト錠(テリオミンカプセルよりも7割安い

新オルマイト錠であれば、テリオミンカプセルよりも、なんと、7割引き相当の価格帯になります。もちろん、店頭価格ではお店や地域によって異なりますが、メーカー希望小売価格では7割安いです。

ただし、非常にマイナーな市販薬ですので、店頭に無い場合もあります。マイナーだからと言って、効果が無い、と言う事はありません。

●楽天市場から探す方は、コチラから検索下さいませ。


エクトール赤玉(テリオミンカプセルよりも6割安い

エクトール赤玉も、ほとんどテリオミンカプセルに似た成分を含有している、下痢止め薬です。

エクトール赤玉 72錠 【ケンコーコム】⇒エクトール赤玉を購入する方はコチラ
(当サイト購入で、さらに15%引)

テリオミンカプセルよりも相当安く、正確には58%も家計のコストダウンにつながります。

●楽天市場から探す方は、コチラから検索下さいませ。


テリオミンカプセルと同様の成分を含む下痢止め薬の一覧表

ここでは、テリオミンカプセルと同様の成分を含む下痢止め薬の一覧を、比較、ご紹介しています。ドラッグストアなどで市販薬を購入する際に、ぜひお役立て下さい!

(薬剤単価は、薬の個数が一番多く入っているパッケージを基準にして算出しています。販売店舗や時期によって、多少の変動が有りますので、目安としてとらえて下さいね)

名称及び発売元 1回の飲用で摂取する成分と量 1回服用当たりの単価
大正下痢止め・錠剤(大正製薬) アクリノール30mg
塩化ベルベリン56mg
タンニン酸アルブミン300mg
ロートエキス3倍散51mg
ビタミンB1硝酸塩5mg
ビタミンB2、2mg
117円
アクロミンカプセルA(小林薬品工業) アクリノール30mg
塩化ベルベリン70mg
次硝酸ビスマス200mg
ロートエキス20mg
エンゴサク末70mg
カンゾウ末80mg
120円
エクトール(第一三共ヘルスケア) アクリノール40mg
塩化ベルベリン(脱水物)60mg
ロートエキス13.3mg
67.9円
エクトール赤玉 (第一三共ヘルスケア) アクリノール40mg
タンニン酸ベルベリン60mg
ウルソデスオキシコール酸13.3mg
ゲンノショウコエキス末83.3mg
ロートエキス3倍散45mg
84.9円
新オルマイト錠(ジェーピーエス製薬) アクリノール水和物・約40mg
タンニン酸ベルベリン・約79mg
ロートエキス散・約88mg
ゲンノショウコエキス・約132mg
60円
テリオミンカプセル(三宝製薬) アクリノール50mg
塩化ベルベリン50mg
テヒドロコール酸167mg
ロートエキス20mg
ゲンノショウコ末133mg
200円

(無断転載はご遠慮ください。無断転載を発見した際は、すぐさま法的措置を取ります)

下痢止め,止しゃ薬に関する関連記事

下痢止めについて、基礎の基礎をまとめてみましたので、ご興味があれば、どうぞご覧下さいませ。

下痢止めの成分って、いったい何?
無理やり下痢を止めるのは、実は良くない場合があるって、知ってました?

下痢、軟便を解消するために

いつも軟便で困っている、突然下痢の症状が出る。そんな人は、案外多いようです。緊急時のために、当ページでご紹介した下痢止めを服用する事は良いと思いますが、下痢体質を改善するために、毎日下痢止めを飲み続けるのは、決して良い事ではありません。

軟便を解消するためのサプリメント等は、店頭ではほとんど見かけませんので、「薬剤師さんによるオーダーサプリメント」を利用する事をおススメします

●薬剤師があなたにピッタリのサプリをオーダーメイド



●興味がある人向けに、こんなのもあります
⇒身体のトラブルを治す!【下痢編】病気や痛みの80%以上が骨のねじれから・・・治癒能力を引き出してくれる運動法!