大正トンプク(とんぷく)より安い薬

・スポンサードリンク

大正トンプク(とんぷく)より安い薬を探す

大正トンプク(とんぷく)は、アセトアミノフェンを主成分として、それを補強する効果のある、「ACE(エーシーイー)処方」を採用している市販薬です。

⇒大正トンプクを購入する方はコチラ

さらに、「ブロムワレリル尿素」と言う、脳に作用して鎮静・催眠作用を発揮する成分が含まれているのが特徴です。

ただし、眠気を催します

ここでは、大正トンプク(とんぷく)と同様の薬効成分を使用した薬の一覧を提示、大正トンプク同様の痛み止め・解熱効果が有って、より安いお薬を探してみましょう

大正トンプク(とんぷく)より安い薬

新リングルが安いです

「ブロムワレリル尿素」という、眠くはなりますが鎮痛・解熱効果のある成分が入っている市販薬であれば、新リングルが、薬代の節約になります。


新リングル(大正トンプクの半額です

メインの有効成分であるアセトアミノフェンが同量、エテンザミドが若干少なめなものの、ブロムワレリル尿素は同じ量入っており、ほとんど同一に近い内容の市販薬が、新リングルです。

新リングルに切り替えると、それだけで薬代が半額になります。粉薬が苦手で、錠剤の方が良いという人にも、おススメです。

眠くならない薬を探している方は、下記の、ノーシンホワイトが良いでしょう。

⇒新リングルを購入する方はコチラ (市場価格よりさらに1割引)

●楽天市場から探す方は、コチラから検索下さいませ。


ノーシンホワイトも選択肢(大正トンプクよりも6割安い

眠くならない薬であれば、ノーシンホワイトが良いでしょう。(錠剤は高いので、細粒タイプ)

大正トンプクに含まれる「ブロムワレリル尿素」が入っていないため、鎮痛効果は若干弱くなる可能性もありますが、その分わずかにエテンザミドの量を増やしているので、極端に変わる事は無いでしょう。

ノーシンホワイトに切り替えた場合、大正トンプクよりも60%ものコストダウンが可能になります

⇒ノーシンホワイトを購入する方はコチラ (市場価格よりさらに1割引)

●楽天市場から探す方は、コチラから検索下さいませ。


大正トンプク(とんぷく)より安い市販薬の一覧表

ここでは、大正トンプクよりも安い市販薬に絞って、比較、ご紹介しています。ドラッグストアなどで市販薬を購入する際に、ぜひお役立て下さい!

(薬剤単価は、薬の個数が一番多く入っているパッケージを基準にして算出しています。販売店舗や時期によって、多少の変動が有りますので、目安としてとらえて下さいね)
名称及び発売元 1回の飲用で摂取する成分と量 1回服用当たりの単価
大正トンプク
(大正製薬)
アセトアミノフェン300mg
エテンザミド350mg
ブロムワレリル尿素200mg
無水カフェイン50mg
137.5円
ノーシンホワイト細粒(アクラス) アセトアミノフェン300mg
エテンザミド380mg
カフェイン水和物60mg
54.4円
ノーシンホワイト錠(アクラス)  同上 108.9円
新リングル(佐藤製薬) アセトアミノフェン300mg
エテンザミド267mg
ブロムワレリル尿素200mg
無水カフェイン50mg
65円

(無断転載はご遠慮ください。無断転載を発見した際は、すぐさま法的措置を取ります)

鎮痛薬・解熱剤に関する関連記事

当ページに関連の深い情報です。あわせてご覧になって下さい。

頭痛・痛みの薬・解熱剤カテゴリー
妊娠中に痛み止めを使用する際の注意点
痛み止めを使う時の注意点