市販の頭痛薬の成分と特徴

頭痛薬の成分と特徴

頭痛薬・解熱鎮痛剤には、主に下記の6成分があります。
これらを組み合わせて、そして効き目がストレートすぎないように他の成分を上手に混ぜる事で、市販薬が出来あがります。

 

ロキソプロフェンナトリウム

代表的な商品:ロキソニンS(第一三共ヘルスケア)

 

・医療用医薬品から一般用医薬品にスイッチされた成分。
・片頭痛や生理痛、歯痛など、幅広い痛みに対応。効き目が比較的強い。

アスピリン

(アセチルサリチル酸)

代表的な商品:バファリン(ライオン) ケロリン(内外製薬)


・頭痛、歯痛に良く効くが、若干胃への負担がある。
・15歳未満は服用することが出来ない。

アセトアミノフェン

代表的な商品:ノーシン(アラクス) タイレノール(ジョンソン&ジョンソン)

 

・胃腸への負担が少なく、比較的副作用が少ない。
・小児から大人まで服用可能。

イブプロフェン

代表的な商品:イブ(エスエス製薬) ノーシンピュア(アラクス)

 

・消炎鎮痛効果に優れ、胃への負担が少ない成分。
・15歳未満は服用することが出来ない。

イソプロピルアンチピリン

代表的な商品:セデスハイ(塩野義製薬)

 

・いわゆるピリン系の鎮痛成分。15歳未満は服用不可。
・歯痛や抜歯後の痛みなど比較的強い痛みにも良く効く。

エテンザミド

 

代表的な商品:ナロンエース(大正製薬) ノーシン(アラクス) セデス(塩野義製薬)

 

・アスピリンと同じサリチル酸系の鎮痛成分。
・小児(小学生以上)も服用可。

「使用上の注意」は服用する前に必ず読みましょう

頭痛薬・解熱鎮痛剤には、15歳未満の子どもや持病のある方(糖尿病・喘息など)が服用してはいけないものもあります。

 

薬を正しく服用するために、「使用上の注意」は服用前に必ず目を通しましょう。

 

同じシリーズの製品であっても、製品によって成分が異なる場合もあります。

 

製品名 主成分 服用できる年齢
バファリンA アスピリン(アセチルサリチル酸) 15歳以上
バファリンルナ イブプロフェンアセトアミノフェン 15歳以上
小児用バファリンCU アセトアミノフェン 3歳以上

 

このように、同じ「バファリン」でも製品によって成分や服用できる年齢が違うんですね。

 

さらに、「使用上の注意」には「服用してはいけない人」「用法・用量」、「副作用に関する注意事項」などが記載されていますので、しっかりと目を通しておくことが大事なのです!

 

■スポンサードリンク