ネスパンEVより安い薬

・スポンサードリンク

ネスパンEVより安い薬を探す

ネスパンEVは、イブプロフェンという、医療用医薬品から転用された、強力な薬効成分が含まれている、効き目に優れた市販薬です。

眠くなる成分であるアリルイソプロピルアセチル尿素が配合されていますから、お仕事をしている人、受験などで勉強しなくてはならない人は、眠くらなないイブエコルネを選んだ方が良いでしょう(これらも、薬効が強めの薬です)。

⇒ネスパンEVを購入する方はコチラ (通常価格の半額

なお、当サイトではネスパンEVより安い市販薬を徹底検証し、ご家庭の医療費の節約を目指します。

ただし、現在(09年6月)、当サイトでのネスパンEVの販売価格は通常の5割引き、半額で提供していますので、これが最も安い、とも言えます。

ネスパンEVより安い薬

シペラEVが安いです

ネスパンEVと完全に同一成分でありながら、安い値段で購入できる市販薬としてシペラEVが挙げられます。

ネスパンEV同様、イブプロフェン配合、それを補強する成分として、アリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインが含まれています。

主成分、補強成分ともに全く同量ですので、それであればコストを節約できるものを選んだ方が、賢いですよね。


シペラEV(ネスパンEVよりも約1割安い

シペラEVは、興和が販売している薬でネスパン同様、マイナーなブランドです。

そう言うのもあってか、シペラEVを選ぶと、ネスパンEVよりも1割も(12%)、コストダウンになります

ネスパンEVの代替え品としては、最安値のものですので、ドラッグストアに行ったら、まず真っ先にこれを探してみて下さい。

ただし、冒頭に記した通り、バーゲンセールなどによって、ネスパンの方が安い事もあります。

●楽天市場から探す方は、コチラから検索下さいませ。


メリドンEV(ネスパンEVと同じ単価)

上記のシベラEVが店頭に無い場合は、こちらのメリドンEVを探してみましょう。有効成分の中身は全く同一です。

ちなみに、メリドンでもネスパンでも、マイナーだからと言って薬自体信用できないかと言うと、全くそんな事はありませんので安心して下さい。

薬の製造は、大変厳しい管理の下で行われますので、日本においてはどのメーカーのものを選んでも、品質に優劣はありません。どれも品質は世界に誇れるレベルにあります。


●楽天市場から探す方は、コチラから検索下さいませ。


ネスパンEVより安い市販薬の一覧表

ここでは、ネスパンEVと同一成分で同じ価格帯の市販薬に絞って、比較、ご紹介しています。ドラッグストアなどで市販薬を購入する際に、ぜひお役立て下さい!

(薬剤単価は、薬の個数が一番多く入っているパッケージを基準にして算出しています。販売店舗や時期によって、多少の変動が有りますので、目安としてとらえて下さいね)

名称及び発売元 1回の飲用で摂取する成分と量 1回服用当たりの単価
イブA錠(エスエス製薬) イブプロフェン150mg
アリルイソプロピルアセチル尿素60mg
無水カフェイン80mg
53.3円
シペラEV(興和) イブプロフェン150mg
アリルイソプロピルアセチル尿素60mg
無水カフェイン80mg
45.9円
ネスパンEV(ホーユー) イブプロフェン150mg
アリルイソプロピルアセチル尿素60mg
無水カフェイン80mg
52円
メリドンEV錠(ジェーピーエス製薬) イブプロフェン150mg
アリルイソプロピルアセチル尿素60mg
無水カフェイン80mg
52円

(無断転載はご遠慮ください。無断転載を発見した際は、すぐさま法的措置を取ります)

鎮痛薬・解熱剤に関する関連記事

当ページに関連の深い情報です。あわせてご覧になって下さい。

頭痛・痛みの薬・解熱剤カテゴリー
妊娠中に痛み止めを使用する際の注意点
痛み止め・解熱剤を使う時の注意点