イソプロピルアンチピリンとは?

・スポンサードリンク

イソプロピルアンチピリンとは?

医療用の薬剤を市販薬に転用した、いわゆるスイッチOTCの一つです。

イソプロピルアンチピリンも、アスピリンアセトアミノフェン同様にプロスタグランジン(痛みを知らせてくれる物質)の産生を抑制します。

もともと医療用医薬品の成分ですから、他の薬剤より比較的強い解熱作用、鎮痛作用を期待できます

また、単独で使用するより、ほかの解熱・鎮痛成分と配合するとより効果を発揮します。

イソプロピルアンチピリンは、「ピリン系」とよばれる成分で、副作用として発疹 ができることがあります。アレルギー体質の人や、服薬によってアレルギーを起 こしたことのある人は注意が必要です。


当サイトでは、痛み止め・解熱剤のブランドから、イソプロピルアンチピリンを利用している、より安い市販薬を見つけ出す事に、全力を注ぎたいと思います。


イソプロピルアンチピリンの市販薬一覧

痛み止めで使用される有効成分のうち、主としてイソプロピルアンチピリンを使用した痛み止め・解熱剤の一覧です。(現在販売中のもののみ掲載)

下記のうち、リンクを張っている医薬品については、別途詳細ページを設けて解説しています。

また、マークの付いている薬は、値段の安いもの(薬剤単価の低いもの)です。

名称及び発売元 1回の飲用で摂取する成分と量 1回服用当たりの単価
セデスハイ(塩野義製薬) イソプロピルアンチピリン150mg
アセトアミノフェン250mg
アリルイソプロピルアセチル尿素60mg
無水カフェイン50mg
130円
セミドン顆粒(全薬工業) イソプロピルアンチピリン150mg
アセトアミノフェン250mg
アリルイソプロピルアセチル尿素60mg
無水カフェイン50mg
カンゾウエキス150mg
120.8円
リングルAP(佐藤製薬) イソプロピルアンチピリン150mg
エテンザミド250mg
合成ヒドロタルサイト360mg
カフェイン50mg
82.6円

(無断転載はご遠慮ください。無断転載を発見した際は、すぐさま法的措置を取ります)

鎮痛薬・解熱に関する関連記事

当ページに関連の深い情報です。あわせてご覧になって下さい。

頭痛・痛みの薬・解熱剤カテゴリー
妊娠中に痛み止めを使用する際の注意点
痛み止めを使う時の注意点


頭痛、生理痛を、薬に頼らずに和らげたい時に

毎回、薬剤に頼るのは心配ですよね。そんな方向けに、痛みを止める、和らげる効果のあるサプリメントを利用するのも一つの方法です。

●生理痛ならハーブサプリメント (返金保証付き)