下痢止めを飲んではいけないケースとは?

・スポンサードリンク

下痢止めは、飲んではいけない場合がある

細菌性の下痢の場合

下痢止め薬の成分をご紹介していますが、それらの成分に適した下痢(変な表現ですが)と言うのがあります。

その下痢とは、 食べ物、飲み物が原因で腸内細菌のバランスの崩れてしまった場合の軽い下痢の際、腸内の殺菌をすることで下痢を改善させるのに有効です。

細菌性の下痢の場合、下痢を止めることで体の中の細菌や毒素が 身体の外に出るのを防いでしまい、治るのが遅くなります。 食中毒や細菌性の下痢は、有害物質を体外に排出させようとする自然な防衛反応 です。このような場合、むやみに下痢を止めればよいというものではないのです。

(もちろん、食中毒になったら、下痢に任せておくのではなく、キチンとお医者さんに見てもらって下さいね。)


熱を伴う下痢の場合

発熱を伴う下痢の場合は、細菌性の下痢が疑われます。

まず下痢止めの服用はNGです。速やかに病院に行かれ診察を受けられた方がいいでしょう。

発熱も下痢と同じように、細菌をやっつけるための大切な生体の防衛反応です。無理に熱を下げることはよくありません。どうしても熱を下げたい時は診察を受けてから解熱剤を服用しましょう。

また、細菌性の下痢の場合、身体が脱水状態になることが心配です。 水やイオン飲料をたくさん飲むよう心がけましょう。

下痢止めを飲んで、ついでに解熱剤を飲む、なんて事は完全にNGです。お医者さんに見てみらって下さい。

下痢止めを飲んではいけない人は、どんな人?

下痢止めを服用してはいけない人

胃腸鎮痛鎮痙薬を服用している人は、ロートエキスを含有する薬を服用してはいけません。作用が増強されたり、副作用が強くあらわれることがあります。

授乳中の人は、ロートエキスを含有する薬を服用してはいけません。母乳に移行し、乳児に一時的な頻脈が現れることが知られています。

ビスマスを含む薬を服用している間は、飲酒してはいけません。アルコールは、ビスマスの吸収を増やしてしまい、精神神経系の障害がでるおそれがあります。

牛乳アレルギーの人は、タンニン酸アルブミンを含む薬は服用してはいけません。タンニン酸アルブミンは、乳由来成分です。

透析を受けている人はアルミニウムを含む薬を飲んではいけません。アルミニウム脳症、アルミニウム骨症を発症したという報告があります。

病院に行った方が良い人

熱がある人、血便のある人または粘液便の続く人
(腸が原因による下痢でない可能性があります)

急性の激しい下痢または腹痛・腹部膨満・はきけなどの症状を伴う下痢のある人 (このような人は細菌性の下痢や食中毒が疑われます。このような場合に腸の動きをしずめるようなビスマス、タンニン酸アルブミンを服用すると、細菌を外に出せず症状が悪化することがあります。)


以上の2つは、このページで既に書いた事の繰り返しですね。それ以外にも、


妊婦
(ウルソデオキシコール酸は胎児毒性が報告されています。 ロートエキスは胎児または新生児に頻脈などがあらわれることがあります。

小児、高齢者
(ビスマスを含む薬は小児に対する安全性が確立されておらず 、高齢者には作用が強すぎる可能性があります)

排尿困難のある人
(ロートエキスを含む薬で尿がさらに出にくくなる恐れ があります。)

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の人
(ビスマスを含む薬で副作用が強くあらわれ ることがあります。)

心臓病の人
(ロートエキスを含む薬で、一過性の徐脈を来す場合がありま す。)

緑内障の人
(ロートエキスを含む薬で、緑内障を悪化させる可能性があり ます。)


他にも注意事項はたくさんありますので、面倒かとは思いますが、よく、薬の箱に書かれている注意書きや添付文書を読みましょうね!