市販されている喘息用の咳止め薬について。


喘息用の咳止め薬

喘息とは

喉から肺へ続く空気の通り道(気道)が狭くなり、呼吸が苦しくなる病気です。気管支の筋肉の収縮や気管支粘膜の浮腫、痰が増えて気道が狭くなって苦しくなったり、狭くなった気道を空気が通り抜けるために、呼吸のたびにヒューヒュー、ゼーゼーといった音が出るようになります。

小児喘息のように、子供の頃に発症する人も多く、大人になると発作の回数が減る人もいますが、発作の引き金やパターンは人それぞれです。重症の場合は命に関わることもありますから、安易に市販薬を常用するのはやめましょう。




喘息の大きな特徴として、夜間から明け方にかけて咳がひどくなる傾向があり、風邪や疲労、ストレス、食品、喫煙、ハウスダストなど様々な要因によって引き起こされます。一般的に、医療機関では下記のような投薬によって治療を行っていきます。


  • 吸入ステロイド剤⇒気道の炎症を抑える(市販薬にはありません)
  • 抗アレルギー剤⇒炎症の原因を抑える
  • 気管支拡張剤⇒気道を広げる


ぜんそくの時の咳止め薬は販売はされているのですが、市販薬では対応できる症状に限界があります。1~2日ほど使用しても効果が得られない時は、服用を止めて受診することをお勧めします。






せき喘息とは

喘息と似たような咳が出るせき喘息という病気もあります。もともと喘息持ちではないのに、風邪をひいた後に咳だけがずっと残り、夜間に咳き込んで睡眠が障害されたり、市販の咳止め薬を飲んでもまったく効果がなかったりします。黄砂やPM2.5などによる大気汚染やストレスなどによって引き起こされることも。

咳が2週間以上続く場合や、夜間から明け方にかけて咳が激しく出る、市販の咳止め薬が効かないという時は早めに病院を受診しましょう。放置しておくと、本格的な喘息へと移行することもあります。


市販の咳止め薬を選ぶ時の注意

喘息には喘息の咳止め薬を


喘息の場合、一般的な咳止め薬によって症状が悪化することがあるため、注意が必要です。一般的な咳止め薬にはリン酸ジヒドロコデイン(もしくは、リン酸コデイン)という成分が含まれていることが多いのですが、この成分は気道の粘液分泌を抑制する作用があるため、喘息の人が服用すると悪化することがあります。

そのため、市販の咳止め薬の中には、コデイン類が配合されず、気管支拡張成分が主成分の喘息の方向けの咳止め薬というのがあります。


代表的な製品

アスクロン(大正製薬)
  • 気管支を広げ、呼吸をラクにしてせきをしずめるメトキシフェナミン塩酸塩をはじめ、6つの有効成分を配合した微粒タイプの鎮咳去痰薬です。
    ぜんそく、かぜによるせきやたんを効果的に改善します。
          
アストフィリンS(エーザイ)
  • 収縮した気管支を広げる成分と、せきの発生をおさえる成分を配合した鎮咳去痰薬で、ぜんそく、せき、たんに効果があります。
    アレルギー性のぜんそく、せきにも効果を発揮します。
          
ミルコデ錠(佐藤製薬)
  • 第一類医薬品のため、薬剤師による説明を受けてからご使用ください。痰が絡む咳、ゼーゼー、ヒューヒューと音がなるような咳や、呼吸が苦しい咳に。
          


基本は医療機関を受診

一口に喘息と言っても、人によって症状の度合いは異なります。発作がしばらく起きていないから安心・・と過信せず、喘息の持病がある方の咳は、主治医に相談しましょう。

喘息以外に、高血圧や糖尿病、心臓病といった持病をお持ちの方も、主治医の指示のもと咳止め薬を服用するようにしてくださいね。

市販の咳止め薬を使用する際も、薬剤師や登録販売者に相談の上購入して下さい。

咳や咳止め薬に関するコンテンツ



咳止め薬について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る