市販の乗り物酔いの薬の効果について。


乗り物酔いの薬の効果

乗り物酔いの市販薬の「効能効果」の欄を見てみると、乗物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和と記載されています。

こちらのページでも解説しているように、乗り物酔いは平衡感覚の混乱や自律神経の乱れによって起こります。

乗り物酔いの薬は、乗り物に乗る前に飲んで、乗り物酔いによって起こる症状を予防するものですが、一般的に、市販薬は何かの症状が起きた時に服用するもので、予防目的で飲む薬は非常に少ないんですね。

そういった意味でも、酔い止め薬は市販薬の中では少し特殊なお薬と言えるかもしれません。

「酔ってから飲んでも効く」とされる商品も販売されていますが、基本的には、乗り物に乗る30分ほど前に飲んでいただくのが、効果的な使用法ではないかと個人的には思います。

酔い止め薬のイメージ

乗り物酔いによって起こる吐き気やめまい、頭痛はとても辛く、大人でもなかなか我慢ができないものです。

乗り物酔いを起こさないために、市販薬を上手に使用すると良いですね。

※副作用として、眠気などの症状が出ることもありますし、持病の有無などによって服用できない人もいますので、購入前に薬剤師や登録販売者にご相談ください。

副作用に関する解説はこちら



乗り物酔いの薬に配合されている主な成分

副交感神経遮断薬 成分のはたらき
脳の中枢神経に働いて、平衡感覚を調整します。
副交感神経の興奮を遮断して、吐き気や嘔吐を防ぎます。

主な成分名
スコポラミン臭化水素酸塩水和物、など。
抗ヒスタミン成分 成分のはたらき
嘔吐中枢を抑制して、吐き気やめまいなどの症状を和らげます。

主な成分名
マレイン酸クロルフェニラミン、塩酸メクリジン、など。
?抗めまい成分 ?【成分のはたらき
嘔吐中枢を抑制して吐き気を抑え、平衡感覚の混乱によるめまいを抑えます。

主な成分名
ジフェニドール塩酸塩、ジプロフィリン、など。
中枢神経作用成分 成分のはたらき
乗り物酔いにともなう頭痛を軽減します。

主な成分名
無水カフェイン、など。
局所麻酔成分 ?【成分のはたらき
胃粘膜の知覚神経を麻痺させて、吐き気や嘔吐を鎮めます。

主な成分名
アミノ安息香酸エチル、など。
ビタミンB6 成分のはたらき
神経の機能や働きを正常に保つために必要なビタミンです。めまいなどにも効果があります。

主な成分名
ピリドキシン塩酸塩、など。

乗り物酔いの薬について

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る