小さな子供によく見られる水イボ。その原因と対処法について。


水イボ

一般的なイボとは種類が違う

水イボは、その名前や見た目から、中に水が入っているように思われがちですが、実はイボの中に水は入っておらず、水が入ったように見える感染性の湿疹です。

主に小さな子供が感染しますが、大人が感染して発症するケースもあります。

水イボの正式名称は「伝染性軟属腫」といい、ポックスウィルスというウィルスが皮膚に付着することで感染します。


一般的なイボは、尋常性疣贅といってヒトパピローマウィルスに感染することで出来ますので、原因になっているウィルスが違うということですね。

感染力はそれほど強くないと言われていますが、ヒトからヒトに感染しますので、保育園や幼稚園によっては、水イボがあるお子さんはプールに入れないなど、制限が設けられることもあります。

ドラッグストアでの相談事例は多いのですが、市販薬では対応できるお薬がありません。

放置しておくと増える傾向がある

水イボの数がごく少なければ、自然に治ることもありますが、上の写真のように体のあちこちに密集して出来ている場合には、放置していると広がってしまうこともあります。

症状が軽いうちに皮膚科を受診することをお勧めします。



水イボの治療法

病院では液体窒素による治療が一般的

症状によって選択はいろいろあると思いますが、水イボの治療には、主に液体窒素を用いた冷凍療法が行われます。

-200℃の液体窒素を用いて、イボを凍結していくんですが、軽い火傷のような灼熱感があるので、若干の痛みはあるかもしれません。

乳児など小さなお子さんには、細い綿棒の先に液体窒素をつけて、それで水イボにチョンチョンと塗っていく感じなので、水イボの数が少なければ、あっという間に治療は終わります。

1回で治ることもありますが、数回通院が必要なケースもあります。

専用のピンセットで潰す

水イボの治療法に、イボをピンセットで挟んで潰すという方法もあります。

小さいお子さんの場合は、水イボとその周囲に、局所麻酔剤を塗って、ある程度患部を麻痺させて行うのが一般的ですが、それでもかなり痛みを伴うため、大泣きしてしまって見ている方もとても辛いものです。

ピンセットでつぶすので、少し出血があります。化膿止めの塗り薬を塗って、絆創膏を貼って終了です。

その様子を撮影した動画があります。

この動画のように、ある程度大きくなって我慢が出来る場合は良いかもしれませんが、小さいお子さんには難しいかもしれません。

イボ・魚の目について知ろう

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る