首にできるイボについて。その原因と対処法。


首のイボ

年齢とともに増える首のイボ

年齢とともに、首の付け根あたりなどにポツポツと出てくるイボ。
ネックレスがイボに触れてチクチクしたり、痒くなったりして違和感を感じることもあります。

比較的女性に多く、30代以降に出やすいと言われていますが、20代くらいから徐々に見られるようになります。

また、皮膚が薄くて柔らかい部分に出やすい傾向があるため、首以外にも胸や脇の下あたりにも出来ることがあり、ブラジャーなど下着の刺激で炎症や痒みを起こすこともあります。


一般的なイボは、尋常性疣贅といってヒトパピローマウィルスに感染することで出来ますが、首イボの多くは「非感染性」で、次の3つに分けられます。

首イボのタイプは3つ

基本的には同じイボですが、イボの大きさや見た目で区別しています。

アクロコルドン 直径2~3mmほどの、かなり小さなイボ。
盛り上がりはほとんどなく、色は薄い茶褐色。

タートルネックなど洋服の刺激や、アクセサリーの刺激で痒みを生じることがある。
スキンダック アクロコルドンとあまり変わらない小さなイボだが、イボが盛り上がっている。
皮膚からイボがポコッと出ている状態。
軟性繊維腫 直径が5mmを超える大きなイボ。
皮膚にイボがぶら下がっているように見えることもある。


首イボの治療法

アクロコルドン

ほとんどが良性腫瘍の一種で、放っておいても問題がないケースが多いんですが、痒みや炎症を生じて困ることもあります。

また、首のイボは目立ちやすいため、見た目を気にして「取ってしまいたい」と思う女性は多いかもしれません。

ドラッグストアでも、「首のイボにイボコロリを塗ってもいいか?」と相談に来られる方は時々いらっしゃいます。

しかし、イボコロリなどの市販薬は、首などの皮膚が柔らかい部分にできたイボには使用することができません。

アクロコルドンの治療には、主に皮膚科での液体窒素を用いた冷凍療法が行われます。

-200℃の液体窒素を用いて、イボを凍結していくんですが、小さなイボなら1回の治療で1~2週間ほどで消えてしまいます。

大きなイボだと治療を数回繰り返すこともありますし、治療後に軽い炎症や痒みが出ることがありますので、完治するまでしっかり通院することが大事です。

健康保険が適用される治療法ですし、強い痛みも伴わないため、この治療法を選択される人はとても多いですね。

スキンダック

スキンダックは皮膚からポコッと盛り上がっている状態ですので、直径が小さなものなら病院ではハサミで切除する治療が行われることもあります。

もちろん、麻酔をして行いますので、切除の時は痛みは感じません。
麻酔の注射を打つ時の痛みは少しあると思いますが。

小さなイボであれば、出血はほとんどなく、1回の治療で切除が完了します。
こちらも、健康保険が適用されます。

スキンダック切除の様子を撮影した動画がありますので、関心のある方はこちらのページでご覧ください。

軟性繊維腫

上記のスキンダックと同様、局所麻酔を用いて外科的な処置を行います。
イボが大きい場合は、イボを切除した後に傷を縫合するケースもあります。

その他に、炭酸ガスレーザーなどを用いた治療法(自費)もありますが、イボの状態によって選択肢が変わってくると思いますので、皮膚科医にご相談ください。

イボ・魚の目について知ろう

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る