顔にできるイボについて。その原因と対処法。


顔のイボ

顔にできるイボの特徴

イボの原因は、ヒトパピローマウィルスで、このウィルスが傷口から感染することでイボができます。

イボの大きさや出来ている場所、さらには年齢、性別などによってさまざまなタイプに分類されています。

頬やおでこ、髪の毛の生え際などにできることが多く、自覚症状はないこともありますが、痒みを伴うこともあるようです。

顔のイボのイメージ

多くは良性のため、特に心配はいらないのですが、場所が顔だけに見た目を気にして治療をされる方は多いかもしれませんね。

顔にできるイボは、比較的若い年代にできる「青年性扁平疣贅」と加齢とともにできる「老人性疣贅」の二つに大きく分けられます。

顔イボのタイプは2つ

青年性扁平疣贅
(せいねんせいへんぺいゆうぜい)
20代くらいの比較的若い年代に見られる形が平らなイボ。
ほんの少しポチッと盛り上がっているイボですが、色は肌色で目立たないことが多いです。

自然に治ることもありますが、増殖することもありますので、数が増えたと感じたら受診しましょう。
老人性疣贅
(ろうじんせいゆうぜい)
加齢とともにでてくるイボで、時間の経過とともに大きくなったり、色が濃くなってきたりする傾向があります。

「年寄りイボ」と呼ばれることもあり、Tゾーンなどの脂っこい部分や、頬、こめかみ、髪の生え際などによく出ます。

まれに、悪性であるケースもあるため、形がいびつなイボや大きなイボがある場合は皮膚科を受診してください。


顔イボの治療法

病院での治療が基本

顔イボも、首イボと同じくイボコロリなどの市販薬は、使用することができません。

病院では、液体窒素による凍結療法や、レーザー治療、ハサミによる切除など、さまざまな治療が行われます。

イボの大きさや、できている場所などによって医師が判断すると思いますが、治療法によっては健康保険が適用されないケースもありますし、顔というデリケートな場所なので、治療を受ける前にしっかり説明を受けておくことが大事ですね。

液体窒素による凍結療法は、施術後にしばらくは薄茶色のシミのような状態が続くこともありますし、しばしば再発することもあります。

体質によっては、漢方薬などが効果を発揮することもありますので、医師や薬剤師に相談してみましょう。

スキンケアとイボの予防

顔イボの予防のイメージ紫外線や、お肌をゴシゴシこするような洗顔方法など、外からの刺激は避けた方が良いと言われています。

お顔の皮膚は、他の場所の皮膚に比べて非常に薄いため、ダメージを受けやすいんですね。

小さな傷があると、そこからヒトパピローマウィルスが侵入しやすくなってしまうため、お肌のダメージは出来るだけ避けましょう。

これは、何もイボに限ったことではなく、美容全般に言えることですが、規則正しい生活習慣とバランスの取れた栄養を心掛けましょう。

イボ・魚の目について知ろう

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る