イボの切除方法の種類と、実際の治療経過の画像や動画をご紹介しています。


イボの除去方法

良性であれば急いで切除する必要はないんですが、見た目が気になったり、痒みなどの症状があれば早めに取りたいですよね。

このページでは2つの除去の事例をご紹介します。

イボの種類やイボのある部位によって、適した除去方法がありますので、医師や薬剤師に相談の上、ご自分に合った治療法を見つけてください。

液体窒素を使った凍結療法で除去

膝の裏に出来たイボを、皮膚科にて液体窒素療法で除去した事例です。
小さなイボが密集していて数も多いですね。

時系列で見ていくと、2回の治療でイボがかなりキレイに取れているのが分かります。

1回目の治療直後

1月29日、最初の治療の1時間後です。黒くなっている所に、液体窒素を当てています。

治療から11日後

2月9日、火傷の水ぶくれが取れて、皮膚が修復されている状態です。小さな黒いポツポツは、治療前の小さなイボです。

上の写真から3日後、2回目の治療

2月12日、未治療だった小さな黒いイボに、液体窒素を当てた直後です。撮影時の光の状況で他の写真よりも赤みがかっています。

2回目の治療から3日後

2月15日、3枚目の治療の跡の水ぶくれが引いて、かさぶた になりつつあります。
1回目の治療をしたところの皮膚の色が残っています。

2回目の治療から3週間後

4月17日です。1カ所だけ、かゆみが取れずにかさぶたの一部が残っている部分がありますが、これはイボの治療の後の部分に医師が間違えて、液体窒素を当ててしまった部分です。

それ以外のイボが有ったところは、相当に綺麗になっています。
ただし、非常に小さいイボがいくつか残ってるので、時期を見て治療をします。



イボの切除

ハサミで切除する

首イボを、局所麻酔をしてハサミで切除する方法もあります。
切除した後は、高周波メスで止血しますので、傷の治りが比較的早いですね。

実際に、切除する様子を撮影した動画がありますので、関心のある方はご覧になってみて下さい。

レーザーで切除する

ハサミではなく、レーザーでイボをくり抜くという方法もあります。
傷痕が残りにくいなどのメリットがあるようですが、イボの状態や部位によって適していないケースもあるかと思います。

また、費用が病院によって差があったりするようですので、治療前に確認しましょう。

イボ・魚の目について知ろう

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る