ビタミンB群の市販薬一覧。市販されているお薬でビタミンB群が摂れる商品。


ビタミンB群の市販薬一覧

ビタミンB1、B2、B6、B12など、Bの仲間は多いですね。ナイアシンや葉酸などもビタミンB群の一種です。ビタミンB群は私たちの体のエネルギーをつくる上でとても重要な役割を果たしており、これが不足すると体にさまざまな不調が生じます。

B群は、野菜だけでなく、肉や魚介類、穀類などにも含まれていますから、比較的摂取しやすいビタミンではありますが、消費する量も多いため、どうしても不足してしまいがちです。バランスよく食品を摂ることが大事です。とくに、お酒を毎晩飲む人や、甘いものやパン・お米などの糖質を好む人は、ビタミンB群を意識して摂るようにしましょう。






なんとなく疲れが取れない、肩こりがひどくなった、目が疲れる、朝すっきり起きられない・・。そんな症状が長く続くなら、ビタミンB群が不足しているかもしれません。エネルギー代謝に関わるビタミンなので、全身症状として不調が出やすいのです。

もちろん、そんな時は充分に体を休養させて、しっかり疲れを取れたらいいのですが、なかなか休みが取れない、、、そのストレスで暴飲暴食に走ってしまう、、そんな負のサイクルによって、ビタミンB群はさらに消耗してしまいます。






ビタミンB群の働き

ビタミンB群のそれぞれの働きを、わかりやすく表にまとめてみました。ビタミンB群は単体で摂ってもあまり意味がなく、まとめて摂るのが効率的です。そのため、医薬品では一種類のみを配合した商品はありません。(サプリメントでは単体の商品がありますが)


ビタミンB1(チアミン) 糖質をエネルギーに変える
●神経の働きを正常に保つ
●お酒(アルコール)の代謝に関わる
●疲労物質の代謝に関わる
ビタミンB2(リボフラビン) ●脂質をエネルギーに変える
粘膜や皮膚の代謝に関わる
●肝臓の働きや脳の働きに関わる
ビタミンB6(ピリドキシン) ●たんぱく質からエネルギーを産生する
皮膚や粘膜の健康維持に関わる
●筋肉や血液をつくる働きに関わる
ビタミンB12(メコバラミン、シアノコバラミン) 赤血球中のヘモグロビン合成に関わる
神経を守り、正常に働くように助ける
●たんぱく質の代謝に関わる
ナイアシン(ニコチン酸・ニコチン酸アミド) ●栄養素からエネルギーを作り出すのを助ける
●皮膚や粘膜の炎症を防いだり、健やかに保つ
葉酸 ●ビタミンB12と協力してヘモグロビンの合成に関わる
●ほうれん草などの葉物野菜に多く含まれるため「葉酸」と呼ばれる
妊娠中の胎児の発育に関わる 
 パントテン酸 ●糖質、脂質、たんぱく質の代謝に関わる
皮膚や毛根を健やかに保つ



ビタミンB群の市販薬

ビタミンB群は、上記の表にあるようにそれぞれ働きが違いますので、どの成分を主成分にしているかによって、効能効果が異なります。市販されているビタミン剤では、B1主剤の製品がもっとも多く、肉体疲労時の栄養補給や肩こり・腰痛・眼精疲労の改善に用いられるアリナミンEXゴールドなどが代表される製品の一つです。B2・B6を主剤としたチョコラBBなどの製品は肌荒れや口内炎、B12を主剤にした製品は「しびれ」など神経症状を和らげる目的で用いられます。

それぞれの商品一覧は下記のページでご紹介していますので、参考にしていただければと思います。


肩こり・腰痛・眼精疲労、慢性的な疲労を感じる人はこちら

口内炎やにきび、肌荒れでお悩みの人はこちら


ビタミン・ミネラルに関するコンテンツいろいろ

以下、ビタミンやミネラル関連のページになります。ご興味のある部分から、ご確認ください。



 

ビタミン・ミネラルについて知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る