人の体に必要なビタミン・ミネラルの種類と役割について。


ビタミン・ミネラルの役割

ビタミン・ミネラルというと、野菜や果物から得る栄養素というイメージがあると思います。もちろん、普段の食事から摂るのが望ましいのですが、偏食やダイエット、過労やストレスなどで不足しがちな栄養素でもあります。

ビタミン・ミネラルは、炭水化物、たんぱく質、脂質と並ぶ五大栄養素で、私たちの体にはなくてはならないものです。不足すれば体調に不具合が生じることもありますし、食事だけでは補えない場合もありますから、そんな時には体調に応じて医薬品やサプリメントを用いて摂取することも大事ですね。






ビタミンやミネラルは、体を動かすエネルギー源ではありませんが、体内で代謝を行う酵素を助ける補酵素として働きます。つまり、私たちの体の働きを維持するために、なくてはならない存在なのです。「代謝が落ちる」という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、代謝酵素の働きが低下すると、物質の代謝がスムーズではなくなり、老廃物や毒素の排泄が上手くいかなくなります。その結果、疲れが取れない、痩せない、といった不調を感じるようになります。

ですから、ビタミンやミネラルをきとんと普段の食事で補うことはとても大事なのですが、必要量をしっかり摂れている人は少ないのが現状です。もし、代謝が落ちてきたなと感じたら、医薬品やサプリメントで補うことも有効です。多くのビタミンは水溶性で、たくさん摂取しても体に蓄積することはなく、汗や尿から排泄されてしまいますから、毎日適量を摂取することが大事なのです。






ビタミンの種類

ビタミンには大きく水溶性と脂溶性の二つに分類できます。水溶性ビタミンは前述したように体に蓄積するものではないため、毎日コツコツと摂り続ける必要があります。一方の脂溶性は過剰に摂ってしまうと良くない現象が起こることも。

ビタミンやミネラルは、不足するとさまざまな不調をきたしますが、脂溶性のビタミンでは摂りすぎによる不調が起こることがあるため、用法用量をきちんと守って飲むことが大事です。


水溶性ビタミン ビタミンB1(チアミン)
ビタミンB2(リボフラビン)
ビタミンB6(ピリドキシン)
ビタミンB12(シアノコバラミン、メコバラミン)
ビタミンC(アスコルビン酸)
ナイアシン
ビオチン
葉酸
パントテン酸 など
脂溶性ビタミン ビタミンA(カロテン、レチノールなど)
ビタミンD(カルシフェロール)
ビタミンE(トコフェロール)



ミネラルの種類

ミネラルの種類は非常に多く、100種類ほどあると言われています。すべてが人間に体に有用ではなく、ヒ素や鉛、水銀、カドミウムなどのように有害なものもあります。人の体に必要なミネラルは下記の通りで、主要ミネラルと微量ミネラルに分けられます。この16種類のミネラルを必須ミネラルと呼びます。


主要ミネラル カルシウム(Ca)
マグネシウム(Mg)
ナトリウム(Na)
カリウム(K)
リン(P)
塩素(Cl)
硫黄(S)
微量ミネラル 鉄(Fe)
銅(Cu)
亜鉛(Zn)
マンガン(Mn)
ヨウ素(I)
セレン(Se)
モリブデン(Mo)
クロム(Cr)
フッ素(F)



食事だけで十分摂取できているのか?

ビタミンやミネラルは補酵素として体内で働きますから、日々消耗していくものでもあります。たとえば、糖質を代謝する時にはビタミンB1、脂質を代謝する時にはビタミンB2が関わっていますので、炭水化物やお酒をよく摂る人はビタミンB1が、脂肪を摂りすぎている人はビタミンB2が不足しがちになります。

暴飲暴食によって多くの消化酵素を消耗している上に、インスタント食品や外食が多い人ではビタミン・ミネラルの摂取量が充分ではないはずですから、摂取量が消費量より下回っているのが実情ではないでしょうか。




医薬品やサプリメントから摂取していても、毎日の食生活が乱れていたら、それもまた本末転倒です。食事でしっかり補いながら、それでも足りない分は医薬品やサプリメントで摂るようにすると良いと思います。まずは食事が基本ですので、そこを見直すことから始めましょう。


ビタミン・ミネラルに関するコンテンツいろいろ

以下、ビタミンやミネラル関連のページになります。ご興味のある部分から、ご確認ください。



 

ビタミン・ミネラルについて知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る