ヘルペス性口内炎、カンジタ性口内炎とは?


ウィルス性口内炎とは

一般的な口内炎と一見見分けがつかないこともあるのですが、口内炎の中にはウィルスや細菌の感染が原因となって起こるものもあります。代表的なものに「ヘルペス性口内炎」や「カンジタ性口内炎」などがあります。

医療機関への受診が基本

ヘルペス性口内炎とは

ヘルペスというと、唇の周囲にできる口唇ヘルペスを思い浮かべる人も多いと思います。ヘルペス性口内炎は、主な症状として口の中の痛みや腫れ、発熱などがあげられます。主に、生後6ヵ月以上の乳幼児に多く見られます。

ヘルペス性口内炎


唇や舌、喉などの至るところに水疱や潰瘍ができて、強い痛みをともなうため、食事や授乳時に泣いたりすることで様子がおかしいと気づくこともあるようです。発熱やリンパの腫れなどもともなうことがあるため、速やかに受診することをお勧めします。

タオルや食器などを介して他の兄弟に感染することもあります。また、もともとウイルスを持っている両親から感染するケースも。母親が自分の口の中で噛み砕いた食べ物を与えたり、キスが感染の原因になることもあるようです

痛みから食事を受けつけなくなることも多いため、刺激の少ないやわらかい食事を与えるようにしましょう。水分の摂取が不足しないよう、気をつけてください。乳児から大人へ感染することもありますので、気をつけましょう。一般的に、ヘルペス性口内炎は乳幼児よりも成人の方が重症になりやすいと言われています。



カンジタ性口内炎の症状と対処法

もともと口の中にいる常在菌

アフタ性口内炎と同じく、疲労やストレスなどによって免疫力が低下した時などに起こりやすいとも言われています。もともと、カンジタ菌(真菌)は口内に常在しており、抵抗力が低下した時などに数が異常に増加することで発症します。

カンジタ性口内炎の特徴として、舌や頬の裏側などに白い苔のようなものがビッシリついたり、赤く腫れあがったりするなどして、食事の時に痛みを伴うこともあります。

症状が軽いうちは、舌にこびりついた苔を歯ブラシなどで擦り落とすこともできますが、悪化すると苔をはがそうとすると痛みが出たり、出血することもあります。また、悪臭を生じることもあるため、家族が異変に気付くことも。

健康な人でも、舌に白い苔がつくのは普通のことですが、舌の色が見えない程分厚い苔がついたり、舌が痛むようなことがあれば、受診しましょう。


カンジタ性口内炎

お薬の副作用で起こることもある

喘息などの治療で用いられるステロイドの吸入薬を長期間使用している人は、カンジタ菌が異常に増殖してしまい「カンジタ性口内炎」になりやすくなります。また、抗生物質を服用した際の副作用などでも同じような現象が起こることがあります。

糖尿病など、他の病気を患っている人などに時々見られます。また、高齢者や子供、産前産後の女性など抵抗力が低下していたり、何かほかの病気で薬を服用している場合などに見られることも。

そのため、病気の治療のためにお薬を服用している人で口内炎が起きた場合は、かかりつけの医師に相談することをお勧めします。

口内炎とお口トラブルに関するコンテンツ



口内炎・お口トラブルについて

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る