魚の目の芯の正体は?芯ができる仕組みや原因について。


魚の目の芯

固くなった角質が皮膚の奥にくい込んでいる

魚の目とタコの違いでも解説したように、魚の目には中心部に芯のようなものが見えますね。

その芯の正体は、表皮の角質層が表皮の下の真皮に向かって増殖して、円柱状にくい込んでいったもので、とても固いのが特徴です。

円柱状にくい込んだ固い角質が神経を刺激するため、深く侵入すればするほど強い痛みが出ます。

男性、女性問わず出来ますが、ハイヒールや革靴などを履いて歩くことが多い人に出来やすい傾向があります。

手の指に出来ることもありますが、特に出来やすいのが足裏や足の指の腹などで、歩く際に痛みが伴います。

魚の目とたこの画像を集めた動画がありますので、ご覧ください。
  真ん中に芯のようなものがあって、鶏の目のように見えるのが魚の目です。



押して痛みがある時は芯がある可能性が

魚の目かな?と思ったら

足裏や指に角質が硬くなっている部分を見つけたら、ちょっと強めに押してみて、痛みが出るかどうか確認してみましょう。

小さな魚の目では、そう強い痛みは出ませんが、魚の目であれば芯がありますので、チクチクするような感覚があるかと思います。

魚の目は大きくなればなるほど、芯の深さや太さも大きくなってしまうため、小さなうちにキチンと治療することが大事です。

自己流での除去はリスクも伴います

小さな魚の目であれば、芯もそう深くはないので、爪切りやピンセットなどで自分で抜いてしまう人もいるかもしれません。

実際、そうした除去の方法を動画に撮って公開している人も結構いらっしゃいます。

【参考】ピンセットで魚の目の芯を抜いて治療した動画


この動画の魚の目はかなり小さいので、先の鋭いピンセットで魚の目の固い角質を削り取るように除去することができています。

しかし、場合によっては削り過ぎて出血したり、その傷から細菌が侵入して化膿することもありますので、自己流での除去はあまりお勧めではありません。

イボ・魚の目について知ろう

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る