魚の目とタコの違いについて。それぞれの原因や症状、治療法。


魚の目とタコの違い

市販のお薬(イボコロリスピール膏)は、魚の目とタコの両方に使用できますので、お薬を選ぶ時に、魚の目かタコかどうかで迷う必要はありません。

また、両方とも原因はほぼ同じで、皮膚のある部分に対する摩擦や圧迫によって起こります。

イボは、ヒトパピローマウィルスというウィルスに感染することで出来ますが、魚の目やタコは外部からの物理的な刺激によって起こるんですね。

特定の部位にずっと圧がかかったり、摩擦が起きると、その部分を保護しようとして皮膚の角質がどんどん厚くなっていきます。

両方とも、皮膚の防御反応のひとつと言えるかもしれません。

タコの代表的なものに、「ペンだこ」というのがありますが、これは鉛筆やペンを持った時に、いつも同じ場所にペンが当たることで、その部分の角質が硬く盛り上がっている状態です。

タコの場合は、痛みがないものがほとんどです

そのため、カミソリやカッターナイフなどで自分で削っている方を時々お見受けしますが、カットしすぎて出血したり、傷から細菌が入って化膿することもありますので、自己流での切除はお勧めできません。

魚の目とタコの違いは断面図を見るとよくわかる

魚の目とタコの違いを分かりやすくイラストで説明している動画がありますので、ご覧ください。文字での説明よりも一目瞭然です。

タコは、魚の目と比較すると少し表面積が大きくて、薄いピンク色や茶褐色などの色がついていることが多いですね。

表面が少しギザギザしていることも多いです。

外側から見ると、分かりにくいのですが、断面図を見るとその違いがよく分かります。



痛みを伴う魚の目

鶏の目のように見えるから鶏眼

タコは痛みのないことがほとんどですが、魚の目は痛みを伴うことが多いですね。

特に、足裏に出来る魚の目は、立ち上がったり歩いたりすると体重によって圧迫されるため、強い痛みが出ることもあります。

魚の目をよく見ると、真ん中に向かって渦を巻いているように見えたり、中心付近に芯のようなものが見えることもあります。

その様子がニワトリの目に似ていることから、魚の目のことを医学用語では「鶏眼(けいがん)」と言います。

放置しておくと大きくなることも

魚の目は、放置しておくと大きくなってしまうことがあります。

固くなった角質が渦を巻くように皮膚の下に向かってどんどん喰い込んでいき、それが神経を刺激して強い痛みを生じるため、歩行に支障が出ることもあります。

特に、足裏に出来る魚の目は、常に圧迫されるため症状が悪化しやすく、小さいうちに治療することが大事です

歩く時や体重をかけた時に痛む足裏の魚の目には、圧痛を和らげてくれるパットがついた絆創膏(スピール膏、ウオノメコロリ絆創膏など)がお勧めです。

スピール膏の一覧はこちら

ウオノメコロリ絆創膏の一覧はこちら

イボ・魚の目について知ろう

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る