自分の意思とは関係なく起きてしまう尿漏れの対処法。


尿失禁(尿もれ)の対処法

頻尿や尿漏れのタイプ、その要因となっている病気によって対処法や治療法が違うので、まずは専門医(泌尿器科の病院)で診てもらうのが最優先だと思います。

しかし、症状が改善されるまでの間に、自分で出来る対処法というのもありますので、ここではそれらの方法をご紹介したいと思います。

骨盤底筋体操

主に、腹圧性尿失禁の対処法として有効とされている骨盤底筋体操

特に難しい体操ではなく、家の中でいつでも出来る簡単な体操です。
ソファに座った状態でも出来ますので、やってみてください。

腹圧性尿失禁の場合は、薬物療法よりもこの体操の方が効果があるケースがあります。

イスやソファに腰かけたり、壁にもたれたりして体の力を抜いてください。

肛門や膣のあたりに、キュッと力を入れて締めます(5秒間キープ)。

5秒間締めたら、5秒間緩めます。これを10回繰り返します。

上記を1セットとして、これを1日10回くらい続けてみてください。
  (体操の間、呼吸を止めないのがポイント!)

骨盤底筋体操のイメージ


生活習慣の見直しも大事

  • コーヒーやお茶などの水分・カフェインの摂り過ぎない
  • 過労やストレス、睡眠不足を防ぐ
  • 体を冷やさない
  • 排尿痛など気になる症状がある場合は放置せずに受診する


尿もれ用の専用シートが市販されています

生理用ナプキンと吸水シートは違います

ちょっとした尿もれ対策に生理用ナプキンを使用している方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

一昔前まで、尿もれ用の吸収シートはほとんど市販されてませんでしたが、今ではライナータイプからパンツタイプまでさまざまなシートが販売されています。

見た目はほぼ同じなのですが、生理用ナプキンと尿漏れ用の吸水シートは性質が違います。

生理用ナプキンは「経血」を吸収するためのポリマーが使われており、尿を吸収するのに適していません。

吸水シートは、尿を素早く吸収してくれますし、漏れる尿の量によって使用する製品を選ぶことができます

尿漏れで一番気になるのは「臭い」だと思いますが、吸水シートはその臭いも防いでくれます。

吸水シートの代表的な製品

?チャームナップ 吸水さらフィ パンティライナー
  • 薄さ2mm。おりものと尿の両方をケア。水分吸収力は通常のおりものシートの5倍。3ccまで。

?チャームナップ 吸水さらフィ 微量用
  • パンティライナーだと少し吸収力が足りない時に。ナプキンサイズ。5ccまで吸収。

?チャームナップ 吸水さらフィ 少量用
  • ナプキンサイズの少量用。15ccまで吸収。運動時の尿漏れなどに。

チャームナップ 吸水さらフィ 中量用
  • ナプキンサイズの23cm。50ccまで吸収。

?チャームナップ 吸水さらフィ 多くても安心スリム
  • 長さ29cmで夜用ナプキンサイズ。100ccまで吸収。

?
?ライフリー さわやかパッド 男性用少量
  • 下着にシールで固定して使用します。ズボンにしみない、目立たない。20ccまで吸収。

?

頻尿について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る