咳の症状に応じたお薬選び。


咳止め薬の種類と特徴

咳のタイプ(症状)のページで、咳には大きく分けて乾いた咳と湿った咳の2つのタイプがあると書きました。では、咳止め薬にはどういった種類があるのでしょうか?その種類と特徴についてまとめていきます。

咳の特徴的な症状としては、息苦しさを伴う喘息様の咳(ひゅーひゅーと音がなる)や、言葉を発しようとする出る「むせるような咳」、夜寝る時に体が温まると出る咳など、いろいろあります。それぞれ、咳のタイプによって適した薬・適さない薬がありますので、購入する前に店頭で相談することをお勧めします。


咳止め薬の種類


中枢性鎮咳薬(乾いた咳に)

乾いた咳が出る時は、気道が炎症を起こし、その炎症が咳中枢を刺激して咳が出ていることが多いため、咳中枢を鎮めるお薬を使用することが多くなります。

一般的な風邪による咳、特に罹りはじめの乾いた咳には効果を発揮しますが、喘息の持病をお持ちの方は症状を悪化させることがありますので、服用しないで下さい。

また、下記の表にあるような副作用や注意事項がありますので、製品の使用上の注意をよくお読みください。

麻薬性鎮咳成分
  • コデインリン酸水和物、ジヒドロコデインリン酸塩、など。
  • 特徴】依存性がある成分のため、「麻薬性鎮咳成分」と呼ばれています。
  • 長期連用、用法用量を超えた服用は絶対にしてはいけません。
  • 気道分泌を抑制する作用があり、喘息発作を誘発したり、悪化させるおそれがあります
  • また、母乳に移行するため、授乳中は服用してはいけません。
  • 主な副作用】便秘、眠気など。

主な製品名
アネトン咳止めZ液、六活W液エース、新ブロン液エース、ベンザブロックせき止め液、パブロンSせき止め、アルペンこどもせきどめシロップ、小児用エスエスブロン液エース、こどもパブロンせき止め液、など。

非麻薬性鎮咳成分
  • ノスカピン、デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物、チペピジンヒペンズ酸塩、など。
  • 特徴】麻薬性鎮咳成分に比べると、咳を止める作用は弱くなりますが、依存性や便秘などの副作用がないため、比較的安全な成分です。

主な製品名
エスエスブロン液L、新パブロンせき止め液、キッズバファリンせき止めシロップS、コンタックせき止めST、など。






去痰薬(痰の絡んだ咳に)

乾いた咳とは逆に、痰が絡んだ湿った咳が出たり、喉の奥に痰がたまってゼロゼロと音がするような時に服用するお薬です。

去痰成分
  • ブロムヘキシン塩酸塩、グアイフェネシン、グアヤコールスルホン酸カリウム、カルボシステイン、エチルシステイン塩酸塩、など。
  • 【特徴】気道粘膜の粘液の分泌を増やして痰を薄めたり、痰の粘り気を取ることで痰を出しやすくします。

主な製品名
クールワンせき止めGX、クールワン去たんソフトカプセル、ストナ去たんカプセル、など。



喘息の咳に

一般的な風邪は、ウィルスなどの感染によって喉の炎症や咳、熱などの症状が出ますが、喘息はハウスダストなどの物質によるアレルギー反応によって起こります。呼吸する時にゼーゼー、ヒューヒュー、といった音が聞こえるなど、いわゆる普通の咳とは違う独特な症状があります。

中枢性鎮咳薬では、服用によって喘息を悪化させることがあるため、喘息の症状が出た時や過去に喘息になったことのある人は、喘息用の咳止め薬を使用した方が良いですね

なお、喘息の咳止め薬を服用しても効果がない場合や症状が悪化する場合は、なるべく早く医療機関を受診して下さい。もともと喘息の持病がない人も、長期間咳が続くことで気道が炎症を起こし、喘息のような咳が出ることがあります(咳喘息とも言います)ので、夜間に咳が悪化する・息苦しいなどの症状がある人は受診しましょう。

気管支拡張成分
  • メトキシフェナミン塩酸塩、メチルエフェドリン塩酸塩、ジブロフィリン、テオフィリン、など。
  • 主な副作用】交感神経の興奮により血圧の上昇や心拍数の増加、血糖値の上昇などがあるため、高血圧や糖尿病、心臓疾患などの持病がある方は注意が必要です。

主な製品名
アスクロン、アストフィリンS、など。



漢方の咳止め薬

漢方処方の咳止め薬というのも、いくつか市販されています。一般的な咳止め薬では効果がない場合などに、意外に効果を発揮することがあります。体質や咳のタイプに応じて選んでいきますので、一般の方には選択が難しいかもしれません。店頭で薬剤師や登録販売者に相談すると良いです。

麦門冬湯
  • のどの奥に痰がへばりついて、顔が赤くなるほど咳込むような咳。なかなか痰が切れない咳に。
  • 効能効果】体力中等度以下で、たんが切れにくく、ときに強くせきこみ、又は咽頭の乾燥感があるものの次の諸症。
  • からぜき、気管支炎、気管支ぜんそく、咽頭炎、しわがれ声
  • 主な製品名】ツムラ麦門冬等、など。
桔梗湯
  • のどがはれて痛む咳、扁桃炎、扁桃周囲炎に。
  • 効能効果】体力に関わらず使用でき、のどがはれて痛み、ときにせきがでるものの次の諸症。
  • 扁桃炎、 扁桃周囲炎
  • 主な製品名】ツムラ桔梗湯、など。
五虎湯
  • 顔を赤くしてせきこむ症状や気管支ぜんそくに。
  • 効能効果】体力中等度以上で、せきが強くでるものの次の諸症。
  • せき、気管支ぜんそく、気管支炎、小児ぜんそく、感冒、痔の痛み
  • 主な製品名】クラシエ五虎湯、など。

咳や咳止め薬に関するコンテンツ



咳止め薬について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る