湿布薬の素材の違いや、それぞれのメリット・デメリットについて解説しています。


湿布薬の種類

湿布薬には、その目的によって、大きく分けて次の3タイプがあります。冷湿布と温湿布の違いは、このページでも解説していますが、市販の湿布薬を購入する際には、その時の症状に応じて選んでいきます。

冷湿布 患部を冷やす作用があるため、捻挫や打撲など炎症のある患部に適しています。
温湿布 トウガラシエキス等を配合しており、患部を温める作用があります。血行不良による肩こり・腰痛などに。
経皮鎮痛消炎テープ 鎮痛剤が配合されているため、痛みや炎症の強い患部に使用します。(年齢制限あり)

また、冷湿布や温湿布では主に「パップ剤」と呼ばれる、水分を多く含んだ湿布が多く、経皮鎮痛消炎テープでは、水分をほとんど含まない「プラスター剤」が多く販売されています。価格で見ると、パップ剤の方が比較的安価で購入できますが、ジクロフェナクナトリウムやフェルビナクなどの消炎鎮痛成分を含む商品は、パップ剤でも少し割高になる場合があります。





パップ剤

白い色をした湿布薬で、水分を多く含んでいるタイプの湿布をパップ剤といいます。配合されている成分によっては、白色ではなく黄色の商品もあります。温湿布と冷湿布の両方に、パップ剤があり、湿布薬独特の匂いがあるのが特徴で、ハガキ大くらいの大木さのものが主流です。

パップ剤



冷湿布は、湿布に含まれる水分が蒸発しながら、患部の熱を取ってくれるため、腫れが強いなどの急性期の症状に適しています。

温湿布も、貼る時はヒヤッと冷たい感触がありますが、トウガラシエキスなどが次第に効いてくるため、じんわりと温かくなるのが分かります。デメリットとしては、粘着力が弱く、はがれやすいため、テープ等で固定する必要がある点です。

パップ剤にも、インドメタシンフェルビナクジクロフェナクナトリウム等の消炎鎮痛成分が配合された製品があります。

プラスター剤

パップ剤と違って、水分をほとんど含みません。そのため、パップ剤のような冷却効果はありませんが、配合されている消炎鎮痛成分が痛みや炎症を抑えます。患部を冷やす効果はほとんどないので、冷やすと痛みが和らぐから冷やしたいという時は、プラスター剤を貼った上から、氷嚢などを使って冷やすと良いかもしれません。

プラスター剤



急性期の症状ではなく、慢性的な痛みに適していますが、消炎鎮痛成分が配合されているため、長期間の使用には注意が必要です。粘着力が強く、はがれにくいため、関節部など動きが活発な部位にも使いやすいと思います。

その反面、強い粘着力により、お肌がかぶれてしまうこともあります。また、その粘着力の強さゆえに、シートが内側にぐちゃぐちゃっとくっついてしまうと、元通りにするのがちょっと大変なこともあり、手先の動きが不自由な方には少々使いにくい一面もあります。

剤質が軟らかいので、背中などの手の届きにくいところには貼りにくいと思います。ご高齢の方などはお一人で貼るのが難しいこともありますので、ご家族の方などに貼ってもらうといいでしょう。

パップ剤を使用する際の注意点

パップ剤の湿布薬を購入した時、湿布が入っている袋にチャックがついているのを見たことがありませんか?これは、湿布の水分を保つためについているものですので、保管する時はチャックをしっかり閉じてください。

開けたままにしておくと、湿布の水分が蒸発してしまい、湿布薬がカチカチに硬くなり、使えなくなってしまいます。パップ剤は粘着力が弱いため、下記のようにパップ剤を固定するためのシートも販売されています。足首や膝などの関節部に貼る場合に利用すると便利ですね。

サロンパスシップメイト(久光製薬)
◆メッシュ生地で、通気性のあるシート。


上記のような貼るシートではなく、サポーターやサージカルテープなどで固定することもあります。お肌が弱い人は粘着剤にかぶれてしまうこともありますし、患部を固定した方が痛みが和らぐなら、サポーターを利用した方がいいケースもありますので、それぞれの症状や状態に応じて選択すると良いと思います。

湿布薬に関するコンテンツ



湿布薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る