膀胱炎の主な症状。似たような病気についても解説。


膀胱炎の症状

もっとも自覚しやすいのは排尿痛と残尿感

『あれ?もしかして膀胱炎?』と思う症状でもっとも多いのは、排尿痛と残尿感ではないかと思います。

排尿痛とは、文字通りおしっこを出す時に出る痛みで、ツーンと刺すような痛み・ヒリヒリと熱感を伴う痛み、しみるような痛みですが、悪化すると排尿時以外でも痛みが続くケースもあります。

膀胱炎の症状

また、おしっこをしても「まだ残っている」と感じてスッキリしなかったり、トイレに行ったのにまたすぐに行きたくなるなど、残尿感も代表的な症状ですね。

1日に10回以上トイレに行くなど、排尿の回数が増える傾向があります。

この残尿感が嫌で、水分を摂るのを控えてしまう方もいらっしゃるのですが、これが膀胱炎を悪化させてしまう要因になることもあるようです。

一般的に、急性の膀胱炎の場合はトイレの回数が増える傾向がありますが、慢性化すると逆におしっこの回数が減ることもあり、むくみなどの症状が出ることもあります。

慢性化すると腎臓への負担も大きくなりますから、きちんと病院で治療を受けることが大事ですね。

おしっこの色にも変化が

排尿痛や残尿感と合わせて、よく言われる症状が尿のにごり

通常、おしっこは薄い黄色で透明な液体ですが、膀胱炎が進行してくると、白く濁ってきたり、場合によっては血液が混ざることもあります。

ちなみに、病院で使用されている検尿コップには、底の部分に写真のような三重丸がいくつもプリントされていますね。

膀胱炎の症状(尿の濁り)

おしっこに濁りがなければ、この三十丸がくっきりと見えます。

つまり、おしっこに濁りがあるかどうかを見やすくするために、この三重丸があるんですね。

悪化すると入院が必要になるケースも

膀胱炎を何度も繰り返していたり、症状が出ているのに放置していたりすると、腎盂腎炎などになってしまうことも珍しくありません。

?腎盂腎炎とは


膀胱は尿管と言われる管で腎臓と繋がっています。

膀胱炎が悪化すると、菌が逆流して腎臓へ達してしまい、それが原因で起こるのが腎盂腎炎です。

高熱や全身の震え、寒気などが急激に起こり、背中(左右の腎臓のあたり)に激痛が出ます。

腎盂腎炎から敗血症などの重篤な状態に陥ることもあるため、入院して集中的に治療する必要があります。



膀胱炎と間違えやすい病気

排尿痛などの症状がある場合、膀胱炎だと自分で判断してしまう方は多いと思います。

しかし、症状が似ていても違う病気であるケースもありますので、気になる症状があれば専門医(泌尿器科)を受診しましょう。

膀胱炎であるかどうかは、尿検査ですぐに分かります。

尿失禁・過活動膀胱

腹圧性尿失禁

くしゃみや咳でお腹に力が入った時や、重い物を持ち上げた時などにふいに起こる尿漏れ。
女性に多く、加齢による筋力の低下や、産後など骨盤底筋が衰えている時などに起こりやすいと言われています。

切迫性尿失禁

「トイレに行きたい」と思った瞬間や、トイレの個室に入った瞬間などに、尿意を我慢できずにおしっこが漏れてしまう症状で、過活動膀胱という病気が原因となっていることがあります。

膀胱炎でもこのような症状が出ることはありますが、過活動膀胱の場合はまた別の治療やトレーニング等が必要になります。

前立腺肥大

女性と比較すると、男性の膀胱炎は非常に少ないのですが、残尿感や排尿痛を訴える男性は少なくありません。

  • おしっこが勢いよく出なくなった
  • 排尿に時間がかかる
  • 夜間もトイレで目が覚める


などの症状の他に、膀胱がいっぱいになると自分の意志とは関係なくダラダラとおしっこが漏れてしまうこともあるようです。

適切な診断や治療が必要ですので、自覚症状がある場合は出来るだけ早く受診してくださいね。

膀胱炎について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る