下痢の時の食事の摂り方で気をつけるところ。


下痢の時の食事と水分

下痢の時の水分と食事下痢の治療でも書きましたが、急性の下痢の時はなるべく食事を摂らないようにします。

ただ、何も食べないというのもキツイですから、

  • お粥やお吸い物といった胃腸に優しいもの
  • すりおろしたリンゴや野菜スープ


など、消化の良いものを摂ると良いですね。

食べられなくて体力が落ちるのが心配だからと、市販の栄養ドリンク等を飲む人もいますが、弱った胃腸には刺激が強いので、あまりお勧めできません。

イオン飲料などの水分で充分かと思います。



小児の下痢の場合

赤ちゃんの下痢の時の食事小児の下痢は非常に多く、小さなお子さんは風邪や寝冷えなど、ちょっとした事でも下痢をします。

また、乳児は何でも口に入れてしまいますし、手を洗わずに食事をしたりして細菌が口に入ってしまい、それが原因になることもあります。

小児の場合、下痢になると食欲が落ちて何も食べなくなるケースが多いんですが、「食べないと弱ってしまう」と、必死になって食べさせようとするお母さんがたまにいらっしゃいますね。

基本的に、水分さえ摂っていれば、1~2日食べなくても平気です。

逆に、無理に食事(固形物)を食べさせると、下痢はなかなか治りません。

便の状態を目安にする

  • ドロドロの便⇒お粥やトロトロに煮込んだうどん等
  • 水便⇒小児用のスポーツ飲料や、野菜スープ(具はなし)

という風に、食べるものの硬さを、お子さんの便の硬さと同じにします。

下痢の時に不向きな食べ物

  • 牛乳やジュース
  • ヨーグルト
  • バナナ
  • アイスクリームなどの冷たいもの


バナナは軟らかいので消化が良く下痢の時にも良いと思われがちですが、繊維質が多く、下痢の時の食事には不向きなんです。

逆に、便秘の時に向いている食べ物と言えますね。

リンゴの擦りおろしも、しぼり汁を飲ませてあげましょう(カスは取り除いて)。

お子さんは、下痢をすると食欲がパタッと落ちますが、腸が回復してくると不思議と食欲も回復してきて、自分から「何か食べたい」と訴えるようになります。

ぐったりして元気がない、熱がある、嘔吐を伴うという場合は、点滴による処置などが必要になることがありますが、そういった症状はなく、元気があって水分は摂れているなら、自分から食べるようになるまで、無理に食べさせなくても大丈夫です。

下痢について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る