咳のタイプと、風邪以外に咳が出る病気について簡単にまとめています。


咳のタイプ(症状)

咳には、大きく分けて2つのタイプがあります。

乾いた咳(痰がない咳で、喉の痛みを伴うことが多い)

乾いた咳が出る場合は、気道が炎症を起こしていて、それが延髄にある咳中枢を刺激することで咳が起きているため、中枢性の咳止め薬を使用します。

湿った咳(痰がからんだ、しつこい咳)

湿った咳の場合は、痰が増えて気道に溜まっていたり、そのせいで気道が狭くなって呼吸がしづらくなっていることもあるため、痰の粘りを取って外へ出しやすくする去痰剤や、気道を広げて呼吸を助ける気管支拡張剤が配合されたお薬を使用します。

湿った咳と渇いた咳



風邪の咳の特徴

一般的な風邪の初期では、痰のない乾いた咳や喉の痛みを訴えるケースが多く、風邪が進行するにしたがって痰が増え、湿った咳に変わるケースが多く見られます。

通常、風邪による咳は数日から長くても2週間程度で治まると言われています。咳はなぜ出る?のページでも書きましたが、咳はウィルスや異物を呼吸器に侵入させないために起こる生体防御反応です。

そのため、咳が出るのはある程度やむを得ない部分もありますが、眠れないほどの咳込みは非常につらいもの・・。さらに、1回の咳で約2KCalも消費するため、一日に何十回も咳が出ると相当な体力を消耗することになります。2週間以上続く咳の場合、普通の風邪ではないこともありますので、医師の診察を受けましょう。





風邪は治ったのに咳が止まらない

風邪は治ったのに、咳だけがずーっと治らない、数週間も咳だけが続いている、という経験をしたことはありませんか?

風邪のあと、咳だけが長く残る場合、それは咳喘息かもしれません。

咳喘息とは


慢性的に咳が続く気管支の病気です。いわゆる喘息と同じように、炎症などにより気道が狭くなり、いろいろな刺激に対して過敏になって、咳の発作が起こります。

深夜から明け方にかけて、特に咳込む・・などの特徴があります。風邪をこじらせて起きることが多く、アレルギー体質や大気汚染などが要因となるケースもあります。



咳喘息の場合、一般的な咳止め薬では効果がなく、逆に症状を悪化させることがあります。
また、咳喘息のほかにもマイコプラズマ肺炎・肺結核など、咳が長期間続く疾患はいくつかあります。

咳が2週間以上続く、市販の咳止め薬が効かない、咳がひどくて夜も眠れないという場合は、医師の診察を受けましょう。

風邪じゃないのに咳が出る時

逆流性食道炎

逆流性食道炎とは、何らかの原因で胃液や胃の内容物などが食道に逆流することにより、食道の粘膜に炎症が起こる病気です。

胸やけ・嚥下障害・呑酸(酸っぱい液体が口まで上がってきてゲップが出る)が主な症状ですが、胃から食道へ胃酸が逆流する際に、気道に胃酸が吸入されてしまい、吸入された胃酸が気道に刺激して咳が出ることがあります。

もともと喘息の持病をお持ちの方などは起こりやすいと言われています。

風邪や喘息と勘違いされやすいのですが、逆流性食道炎の治療によって咳も治まるケースがほとんどなので、心当たりのある方は主治医に相談してみましょう。


お薬の副作用で咳が出る

お薬の副作用で咳が出ることもあるACE阻害薬(高血圧の薬)を服用している人は、薬の副作用として咳が出ることもあります。

血圧を下げるお薬で咳が出るなんて不思議に思われると思いますが、お薬には副作用というのが必ずあって、このお薬の場合は、服用によって咳という副作用が出ます。

原因不明の咳が続くなど、異常を感じたら主治医に相談してくださいね。

注意


ここで心配なのは、咳がお薬の副作用で起きているとは知らず、市販の咳止め薬を勝手に飲んでしまうケースです。

市販の咳止め薬の中には、血圧を上げてしまう成分が入っているものもあるため、自己判断で飲んでしまうのは危険です。

体調の変化を感じた時やお薬に関する疑問がある時など、些細な事でもかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

咳や咳止め薬に関するコンテンツ



咳止め薬について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る