健康維持や生活の質を向上させるのに役立つ、数少ないおススメのサプリメント。


自信を持っておススメできるサプリメントは少数

効くのかよくわからないサプリメントが多い

おススメできるサプリメントは、このページの一番下に記載しておりますが、そこにい きなり行く前に、まずはぜひ、本文をお読みくださいませ。嘘のような本当の、サプリメント業界にとっては「不都合な真実」を書かせていただきました。

ドラッグストアに行くと、本当にたくさんのサプリメントが売られていますね。値段も、数百円程度のものから数万円まで、本当に幅が広いです。

また、「この商品は、一体何に効果があるんだろう?」というようなサプリもあります。市販薬のように明確な効能効果が書かれていなくて、単に「健康維持のためにお飲みください」などと曖昧な表記がされていたりするので、何に効果があるのかが、とても分かりにくいです。

効くかどうか分からないサプリメントのイメージ



法律では、サプリメントは「食品」として位置づけられていますので、特定保健用食品(トクホ)など一部の健康食品を除き、「血圧が下がる」「便秘が改善する」というような商品の効果を表記することができません。

それから、サプリメントは製造販売する際に、医薬品のような厳しい審査・承認を受けません。商品に「ビタミンCを○○mg配合」などと記載されていても、本当にそれが配合されているかどうか、発売する前にチェックはされないのです。

現実問題として、サプリメントは製造販売する業者のモラルや良心を信用して買うしかなく、悪い言い方をすれば、いくらでも中身をごまかすことが可能なため、悪徳業者が存在することも事実なのです。

実際、公的機関が時々ランダムに行うサプリメントの品質チェックでは、表記されている成分がまったく入っていない商品が見つかる事例もしばしばあります。

そうした環境が要因なのか、残念ながら市販のサプリメントの中には、その質を疑いたくなるような商品も多数出回っています。本当に自信を持っておススメできる商品は、全体の1割程度ではないでしょうか(管理人の個人的な見解ですが)。

医薬品と比べると、サプリメントは、はるかに安い費用と短い期間で世に出すことができますし、誰でも製造販売することができます。

私の家に時々「サプリメントを買いませんか?」という勧誘の電話が業者からかかって来ることがありますが、そうやって電話だけで勧誘して販売しているような商品は、買ってはいけません(笑)。

サプリメントの効果がわかりにくい理由

世の中の大半のサプリメントは、効いているのかよく分からないような商品ばかりなのですが、それは何故なのでしょうか?

自信を持っておススメできるのは1割程度と書きましたが、残りの9割は健康維持に効果がないのか?というと、実はそうとも言い切れません。

サプリメントのイメージ



実は、サプリメントは、効き目を科学的・医学的に立証しなくても販売が出来てしまうため、ほとんどの商品は「効果がない」というよりも「効果があるのか分からないまま販売されている」という表現が正しいかもしれません。

効き目だけじゃなく、どれくらいの時間で消化され、どれくらいが体に吸収されるのかも曖昧なんです。商品の質や効果がよく分からないから、自信を持っておススメできる商品がどうしても少なくなってしまうんですね。

たとえば、質の悪いサプリメントだと、錠剤が溶けずにそのままウンチと一緒に出てくることもあったり・・・、効果云々の前に、飲む意味がない商品もありますから、買う前によく吟味する必要があります

医薬品のように、発売される時に国が効果や安全性をきちんとチェックする仕組みがあれば良いのですが、今の法律ではそれが充分ではないのです。

売る側も扱いにくい・・

サプリメントは食品なので、薬のように「あなたの症状に、この商品が効きます」と言って売ることはできません。

ドラッグストアの店頭で、サプリメントについて相談されても、売る側は効き目についてハッキリと明言することが出来ないため、どうしても無難で曖昧な説明になってしまい・・・、お客様に商品の良さが伝わりにくいということがあります。

ただ、飲んでいる方々が「これを飲んでから不調が改善された」というような感想をいただくことは実際によくあるので、効果の高いサプリメントがあるのも事実なんですね。

売る側にとっては、サプリメントはとても扱いにくいカテゴリなんですが、知識や経験が豊富なベテランの店員さんは、信頼できる商品を知っていますし、分かりやすく上手に説明してくれますから、納得できる説明をしてくれる店で買うようにすると良いです。

そういった店を探すのが、今はちょっと難しいかもしれませんが(苦笑)。



信頼できるサプリメントを選ぶには?

自分で選ぶ時に、質の良いサプリメントを見分けるポイントがいくつかあります。

  • 販売者がどこの誰なのかが明確である
  • 配合されている成分や製造工程などを公開している
  • 商品の製造技術や衛生環境が一定のレベルを保っている
  • 商品が安定して供給されている


など。

たとえば、大手の製薬会社や化粧品メーカーなど、社会的に知名度のある会社が製造販売しているサプリメントは、上記の項目をクリアしているのではないかと思います。実際、サプリメントを製造販売している製薬会社や化粧品メーカーは多いですね。

医薬品や化粧品を製造するには、高い技術が必要ですが、それらの企業は既にその技術や設備を持っていますし、サプリメントの製造にもそれを用いることができます。ですから、販売元がそれらの企業であるということは、信頼できる要素の一つになります。

安すぎるサプリメントは買わない

もう一つ、ポイントがあるとすれば、「安すぎるサプリメント」は買わないことです

安すぎるサプリメントは効果がない



質の良いサプリメントは、原料や製法にもこだわっていて、天然由来の成分や食品を原料にしている商品が多いです。ですから、必然的に質の良いサプリメントは価格が高くなる傾向があります。

最近は、コンビニやスーパーなどでも安いサプリメントが売られていますね。先日、100円ショップで売られている100円のビタミンサプリを見かけました。もちろん、高価でなくても質の良いサプリメントはたくさんありますが、あまりに安いサプリメントは、質が良いとは言えませんね。

そういったサプリメントは「気休め」にしか過ぎず、健康維持に役立たないだけでなく、お金を捨てているようなものです

高額なサプリメントに、すぐに飛びつかない

その一方で、1箱で数万円(中には数十万する商品も)のサプリメントも存在します。中には、癌が治るかのような宣伝・広告をしている商品もあるので、私自身もガン治療中の方から「このサプリメントは効くのでしょうか?」というような相談を受けることが時々ありました。

治療をしてもなかなか効果が出ない時、人はワラにもすがりたい気持ちになりますし、高額だと効きそうだと感じてしまうこともあります。そういう状態では正常な判断ができないですから、お悩みの方は購入する前に主治医や薬剤師に一度相談してみてください。

他にも、アンチエイジングや「1ヶ月で15kg痩せた!」「膝が痛くて歩けなかった人が治った」というような広告を見ると、それらに悩んでいる人は思わず買いたくなってしまいますね。

そうした人の弱みにつけこむような商品も実際にありますので、自分だけで判断するのではなく、医師や薬剤師、栄養士などの専門家に相談してから購入するようにしましょう

こうした悪徳業者に関する情報や、苦情の多い商品(成分)などは、医療機関や薬局などで、ある程度把握されていることが多いため、専門家に相談することで被害を未然に防ぐことができるケースもあるのです。

サプリメントを生活の中に上手に取り入れる

サプリメントは「食品」に位置付けられていると書きましたが、サプリメントが持病を悪化させたり、飲んでいる薬の効果を強めたり弱めたりすることがあります。

そこが非常にやっかいというか、難しい部分なのですが・・・。

サプリメントと言えども、体に思わぬ影響を与えることもあるため、特に持病のある方は、主治医に相談してから購入しましょう。ドラッグストア等で購入する時にも、薬剤師や登録販売者に相談することをお勧めします。

自信を持っておススメできるサプリメント



病気の治療や予防には医薬品を使用しますが、健康維持やちょっとした軽い症状の改善にはサプリメント(健康食品)が適していることもあります。

明らかに困った症状がある時には、その症状を解決してくれる医薬品を選んだ方が良いのですが、医薬品には副作用も少なからずあるため、安易に頼るのも良くないですね。

サプリメントには病気を治す効果はありませんので、症状が出ている時は医薬品、健康維持や不足がちな栄養素を補いたい時はサプリメント・・という風に、使い分けることが出来ると一番良いのかなと思います。

自信を持っておススメできるサプリメント

食生活の中で不足しがちな栄養素や、病気にならずに健康を維持していくために必要な成分を摂ることができる、良質なサプリメントをご紹介していきたいと思います。

各商品のページで、そのサプリメントの持つ効き目や特徴を管理人独自の目線で分析して解説していますので、サプリメント選びの参考にしていただけたら嬉しいです。

ビタミン・ミネラルが摂れるサプリ
腸内環境を整えるサプリ
女性の体調を整えるサプリ

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る