食あたりや水あたりなどによって起こる下痢や突発的に起こる下痢など。


収れん性止瀉薬

収れん成分とは、腸の粘膜に付着して腸壁を保護したり、損傷した粘膜を修復することで炎症を鎮め、下痢を止めるお薬です。下痢止め薬の他に、目薬皮膚病薬などにも配合されています。収れん成分により、腸の蠕動(ぜんどう)運動が緩やかになり、腸管内の病原菌の増殖を抑えます。

しかし、収れん成分のみを配合している市販の下痢止めはあまりなく、殺菌成分や腸の動きを抑制する成分などと一緒に配合されている商品がほとんどです。腹痛や発熱の有無などによって選択するといいと思いますが、よく分からない場合は店頭で相談してから購入しましょう。


収れん成分配合の下痢止め薬


どんな下痢に適している?

  • 食あたり、水あたりによる下痢に。
  • そのほか、ストレスや緊張による下痢、生理周期や冷えによる下痢にも。


どんな成分が入っている?

  • 鎮痛・鎮痙成分(胃酸分泌や胃腸管の異常収縮を抑制します。)
  • 収れん成分(腸粘膜を保護するとともに炎症を抑え、腸内の水分が過多になるのを防ぎます。)
  • 生薬(ゲンノショウコ・アセンヤクなど)
  • 殺菌成分(アクリノールなど)


注意事項

  • 高熱や嘔吐を伴う下痢の際は、医療機関を受診してください。下痢止め薬の服用により、病状が悪化することがあります。





代表的な市販薬

収れん性止瀉薬

ストッパEX(ライオン)

  • 水なしでどこでも飲めます。 通勤中や会議・試験のときの「突然の下痢」にもすぐれた効き目を発揮。
    ロートエキスが腸の異常収縮を抑え、腸内での便の移行スピードを抑えます。 タンニン酸ベルベリンが腸粘膜の炎症を抑えるとともに下痢の原因菌を殺菌します。

ビオフェルミン止瀉薬(武田薬品)

  • 生薬に乳酸菌を配合した下痢止めです。
    タンナルビン、ゲンノショウコエキスが下痢の症状を改善し、ロートエキスが腹痛をしずめます。
    乳酸菌が下痢時の乱れた腸内細菌のバランスを整えます。
    のみやすい細粒。スティック包装で、出勤時や旅行時の携帯にも便利です。

エクトール赤玉(第一三共ヘルスケア)

  • 5つの成分が下痢・食あたりに効果を発揮します。
    暴飲暴食、冷え、ストレス等の様々な原因で起こる下痢に有効です。
    3歳のお子様からお使いいただける、のみやすい小粒の錠剤です。

市販の下痢止め薬に関するコンテンツ



下痢について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る