生理中に下痢になる要因と、その対処法について。


生理中の下痢

生理中の下痢について生理中に下痢になってしまうという女性は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

下痢とまでいかなくても、軟便気味になってしまったり、お腹がゴロゴロするなど、お腹の不快感を感じる女性は多いと思います。

生理が始まる少し前から、プロスタグランジンという物質が増え始めるのですが、この物質の作用で胃や腸が収縮し、吐き気や嘔吐、下痢を引き起こすことがあるんです。

生理と下痢の関係

生理周期によってお通じが左右されるのは、女性ホルモンの影響で、むしろ当たり前の現象といえます。

生理前

女性ホルモンの一つ、黄体ホルモンの分泌量は排卵後に急激に増え、受精卵が着床せず生理が起こると一気に減ります。

この大きな変化で、自律神経がバランスをくずし、頭痛や胃痛、便秘、イライラなどの不調を引き起こします。

生理の前半

生理直前から前半まで、プロスタグランジンという物質が急に増えます。

この物質は子宮の収縮を促して生理の経血を身体の外に排出する役割を果たします。

プロスタグランジンの量が多すぎると収縮が強くなり、生理痛が発生するのです。

血管を収縮させる作用もあるので、腰痛やだるさ、冷えがひどくなります。
さらに胃腸の動きにも影響を与え、吐き気や下痢の原因にもなります。

生理の後半

生理中の下痢の対処法骨盤内の血液の流れが悪くなり、下腹部や腰回りの重苦しい感覚を引き起こします。

軽い生理痛なら、半身浴などで体を温めることで、うっ血を改善できます。

下痢を起こしている場合も、体を温めると楽になることが多いですから、生理中にバスタブに浸かるのはちょっと・・・という方は、腹巻を利用するなどして腹部を冷やさないようにすると良いと思います。



市販薬の対処法として

ただでさえ生理痛でお腹が痛いのに、下痢まで起こったら本当に辛いですよね。

生理痛に飲む鎮痛薬に、イブプロフェンという成分があるんですが(商品名:イブA錠など)、このお薬はプロスタグランジンが増えるのを抑えて、痛みの元をブロックすることで生理痛を抑えます。

下痢を止める効果は直接はないんですが、プロスタグランジンの産生を抑制することで胃腸の異常な収縮も抑えてくれます。

一方、下痢止め薬は、腸の異常な収縮や水分の吸収異常などを改善して下痢を鎮めるお薬で、生理痛には効果がありません(当たり前ですが)。

お薬を服用せずに過ごせるなら、それに越したことはないんですが、症状がひどい場合は、生理痛と下痢のどちらが辛いか?でお薬を選択すると良いと思います。

  • 生理痛がツライ→鎮痛剤
  • 下痢がツライ→下痢止め薬


という風に。

もし、両方ツライ場合は、その症状に適したお薬の選択がありますので、ドラッグストアで相談してみてください。

また、使い捨てカイロなどでお腹を温めると痛みや下痢が和らぐという声もよく聞きますので、試してみると良いですね。

下痢について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る