虫刺されやあせもに効く市販の塗り薬に配合されている成分について。


痒み止めの成分と注意点

虫刺されもあせもも、痒みが強ければステロイド成分が配合された製品の方が良いこともありますし、掻き壊してしまった場合は、抗生物質の軟膏などを使った方が良いケースもあります。かゆみとステロイドの関係についてはコチラのページで解説していますので、参考になさってください。

掻き壊しから「とびひ」になったり、化膿してしまうこともありますので、痛みや腫れが出てきた場合には自己判断せずに医師や薬剤師に相談しましょう。このページでは、虫刺されやあせもの塗り薬に入っている代表的な成分についてまとめています。



効能効果の他に、使用感や塗り心地なども、お薬を使用する上で大事な部分ですね。刺激が強いのが苦手な人もいるでしょうし、べた付きや塗った後が白く残ったりするのは困る人もいると思います。購入する時は、商品の使用感なども確認すると良いですね。



かゆみに効く塗り薬に配合されている成分

市販の痒み止めのお薬に配合されている代表的な成分について、その作用や注意点を簡単にまとめてみました。病院で処方される塗り薬と違って、市販のお薬には一つの製品の中に複数の成分が入っています。いくつかの成分が混ざり合っていますので、それぞれの作用を軽く理解しておくだけでも、購入の際の手助けになると思います。


痒み止めの塗り薬に入っている代表的な成分

ジフェンヒドラミン塩酸塩 抗ヒスタミン成分。痒みを鎮める作用があります。塗り薬だけでなく、風邪薬鼻炎薬の成分としても使用されます。
クロタミトン 痒みを鎮める成分。効果は高いが人によっては刺激感を強く感じることもあります。虫刺されやあせものお薬の他に、水虫薬などにも配合されています。
酸化亜鉛 酸化亜鉛を配合した外用薬は薬剤が真っ白なのが特徴。肌に塗った時も患部が白く色のこりしやすくなります。収れん作用が高いため、あせものお薬によく配合されています。塗った後にお肌がサラッとするのも特徴の一つです。

※収れん作用とは、皮膚の組織や血管を収縮させる作用のことです。抗炎症や鎮痛効果を高めます。
グリチルレチン酸 抗炎症成分。患部の赤みや炎症を鎮めます。生薬の「甘草」の有効成分でもあります。
イソプロピルメチルフェノール 抗菌成分として、皮膚疾患の塗り薬によく配合されている成分です。やや刺激があるため、お肌の弱い人ではかぶれることもあります。
l-メントール 冷感刺激成分。痒みを鎮めるのを助けます。l-メントールが配合されていると、塗った時にスース―と爽快な使用感があります。
dl-カンフル 熱感刺激成分。こちらも痒みを鎮めるのを助ける成分ですが、熱感刺激がありますので、お肌の弱い人はヒリヒリ感を感じることもあります。かぶれるようなら使用を避けましょう。
ビタミンE酪酸エステル 血行促進する成分。患部の血行を促し、炎症を鎮めるサポートをします。
リドカイン 局所麻酔成分。皮膚の表面を麻痺させることで痒みを速やかに鎮めます。刺激のある成分ですので、お肌に合わないと感じたら使用しないようにしましょう。乳幼児は使用しないこととなっています。


ステロイド成分が配合されている商品も多い

上記の成分に加えて、ムヒアルファEXなどのようにステロイド成分を配合した製品もたくさんあります。ステロイド成分を配合している製品の方が、痒みや赤みを鎮める効果が高いため、何度もぶり返したり、睡眠を妨げるような強い痒みがある場合には、ステロイド入りの製品を選んだ方が良いケースが多いです。

副作用を恐れる人も多いかもしれませんが、短期間の使用であれば、むやみに恐れる必要はありません。プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルのように、患部で効果を発揮した後に体内で活性しないステロイド成分(アンテドラッグ)を使用している製品もありますので、店頭で相談してみてください。

ステロイドの副作用や強さ(ランク)については下記のページで解説していますので、ご参考までに。


ステロイドの副作用のページはこちら

ステロイドの強さ(ランク)のページはこちら

虫刺され・あせものかゆみ

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る