市販の総合風邪薬にはどんな成分が入っているの?。


風邪薬の成分と特徴

風邪をひくと、熱・寒気・咳・鼻水・鼻づまり・くしゃみ・関節の痛みなど、さまざまな症状が出ますね。総合風邪薬には、それぞれの症状に効く成分が複合的に配合されています

総合感冒薬のイメージ


商品によって適した症状が違ってきますので、成分を見てお薬を選んだ方が良いのですが、専門的なお薬の知識を習得するのは難しく、やはりお店で専門家の方々に相談してから購入するのが一番ではないかと思います。

また、高血圧症や糖尿病、心臓病などの基礎疾患をお持ちの方は、市販の風邪薬が持病や服用中のお薬の作用に影響を与えることがあります。医師の治療を受けている方は、かかりつけの医師や薬剤師に相談の上、服用しましょう。





複数の成分が入っているのが総合風邪薬

成分の種類と特徴


風邪薬に必ず入っているのが、アセトアミノフェンイブプロフェンといった解熱鎮痛成分。それ以外の成分については、製品によって異なりますので、下記の成分がすべて配合されているとは限りません。

解熱鎮痛成分

熱や痛みを鎮めます。成分によっては15歳未満は服用できないものもあります。

非ピリン系
  • アセトアミノフェン、イブプロフェン、エテンザミドアスピリンなど。
  • 特徴】抗炎症、鎮痛、解熱作用があり、風邪による発熱や喉の痛み、関節の痛み、頭痛等を鎮めます。
  • 胃に負担があるため、空腹時を避けて服用することとなっています。
  • 主な副作用】湿疹、悪心、めまい、ふらつき、貧血など。 アスピリン喘息など、鎮痛剤によって喘息の発作が誘発されることもあります。
ピリン系
  • アミノピリン、イソプロピルアンチピリンなど。
  • 特徴】抗炎症、鎮痛効果が高い成分ですが、その反面、ショックやアレルギーを起こしやすいため副作用のリスクも高くなります。
  • 単独で使用するより、他の解熱鎮痛成分と配合すると効果が高まるため、市販薬ではアセトアミノフェンやイブプロフェンなどと一緒に配合されています。
  • 主な副作用】ピリン疹といわれる「湿疹」が有名。めまいやふらつき、悪心など。


中枢性鎮咳成分

ほとんどの風邪薬には咳止め成分が配合されています。せき止め成分は大きく分けて下記の2つの種類があります。

麻薬性鎮咳成分
  • コデインリン酸水和物、ジヒドロコデインリン酸塩、など。
  • 特徴】依存性がある成分のため、「麻薬性鎮咳成分」と呼ばれています。
  • 長期連用、用法用量を超えた服用は絶対にしてはいけません。
  • 気道分泌を抑制する作用があり、喘息発作を誘発したり、悪化させるおそれがあります。
  • また、母乳に移行するため、授乳中は服用してはいけません。
  • 主な副作用】便秘、眠気など。
非麻薬性鎮咳成分
  • ノスカピン、デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物、チペピジンヒペンズ酸塩、など。
  • 特徴】麻薬性鎮咳成分に比べると、咳を止める作用は弱くなりますが、依存性や便秘などの副作用がないため、比較的安全な成分です。


気管支拡張成分

交感神経に作用して、気管支を拡張させて呼吸を楽にします。
※すべての風邪薬に配合されているわけではありません。(妊婦さんや授乳中の方は服用を避けた方が良いとされています)

気管支拡張成分
  • メトキシフェナミン塩酸塩、メチルエフェドリン塩酸塩、ジブロフィリン、テオフィリン、など。
  • 主な副作用】交感神経の興奮により血圧の上昇や心拍数の増加、血糖値の上昇などがあるため、高血圧や糖尿病、心臓疾患などの持病がある方は注意が必要です。


去痰成分

しつこい咳を引き起こす痰を排泄します。痰が絡む咳が出る人は、去痰成分が配合された風邪薬を選ぶと良いです。去痰成分を配合していない風邪薬も多いので、店頭でご相談ください。

去痰成分
  • アンブロキソール、ブロムヘキシン塩酸塩、グアイフェネシン、グアヤコールスルホン酸カリウム、カルボシステイン、エチルシステイン塩酸塩、など。
  • 特徴】気道粘膜の粘液の分泌を増やして痰を薄めたり、痰の粘り気を取ることで痰を出しやすくします。


抗炎症成分

主に、のどの痛みや腫れを緩和させる目的で配合されています。喉の痛みの強い風邪の場合は、これらの成分が配合された製品を選ぶと良いでしょう。

抗炎症成分
  • トラネキサム酸、リゾチーム塩酸塩、グリチルリチン酸、など。
  • 特徴】痛みや炎症を引き起こす原因物質の産生を抑え、気道の炎症を鎮めます。

注意事項

・トラネキサム酸
血栓のできやすい人や、脳血栓、心筋梗塞などの診断を受けた人は注意が必要です。

・リゾチーム塩酸塩
卵アレルギーの人は服用できません。

・グリチルリチン酸
長期連用により、むくみが出ることがあります。特に高齢者は要注意。



抗ヒスタミン成分

鼻炎薬などにも配合されている、主にアレルギーによる症状を鎮める成分です。

鼻水やくしゃみ以外にも、アレルギー性の咳を鎮める作用もあります。

ほとんどの総合風邪薬に配合されていますが、排尿困難や前立腺疾患、緑内障などの持病のある方は、持病を悪化させることがありますので、服用する前に医師や薬剤師にご相談ください。

抗ヒスタミン成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩、マレイン酸カルビノキサミンなど。
  • 特徴】アレルギー性の鼻症状や咳を鎮めたり、喉のムズムズ・イガイガ感を和らげます。
  • 主な副作用】強烈な眠気、口渇などがあります。


生薬

有効成分はグリチルリチン酸。喉の痛みや咳を和らげます。
キキョウ・セネガ 気道の粘液の分泌を増やして、痰を薄めて出しやすくします。
キョウニン 咳中枢の興奮を鎮めて、咳を抑えます。
ニンジン 咳による体力の消耗を防ぎます。
ナンテンジツ 喉の痛みや炎症を抑え、咳を鎮めます。


その他の成分

カフェイン 頭痛を和らげたり、鎮痛成分の働きを助けます。
ビタミン成分 風邪で消耗しやすいビタミンを補うことで、回復を助けます。
※ビタミンB1、B2、B6、ビタミンCなど。

代表的な総合風邪薬の種類と特徴


総合風邪薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る