市販の睡眠改善薬の成分。各メーカーの違いについて。


睡眠改善薬の成分

市販の睡眠改善薬は、慢性的な不眠症状がある時には適していません。

緊張が続いたり、疲労やストレスで一時的に寝つきが悪くなっている時などに使用するお薬です。

また、病院で処方される睡眠薬とは、お薬の性質そのものが違うため、睡眠薬の代用として飲むことはできませんので、ご注意くださいね

ドリエルやネオデイなど、こちらのページで紹介している商品(漢方薬を除く)は、発売している製薬会社は違っても、成分は同じです(使用されている添加剤などは違います)。

成分や配合量が同じということは、お薬の効き目も同じということですので、錠剤やカプセルなどの剤型の違いや価格など、ニーズに合わせて選ぶと良いでしょう。

睡眠改善薬の成分



抗ヒスタミン成分とは

市販の睡眠改善薬はジフェンヒドラミン塩酸塩という抗ヒスタミン成分が配合されています。

抗ヒスタミン成分は、総合風邪薬や鼻炎薬などに含まれる成分で、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの症状を和らげます。

ジフェンヒドラミン塩酸塩の他に、クロルフェニラミンマレイン酸塩、メキタジン、ケトチフェンフマル酸塩などがあります。

鼻炎薬で眠くなったことはありませんか?

風邪薬や鼻炎薬を飲んだあと、強烈な眠気が来て困った・・という経験をした方は多いと思います。

この眠気こそ、抗ヒスタミン成分の仕業で、本来は風邪薬や鼻炎薬の副作用として歓迎されない作用なのですが、その眠気を利用しているのが睡眠改善薬なんですね。

抗ヒスタミン成分の中でも、ジフェンヒドラミン塩酸塩は特に眠気が強く出るため、市販の風邪薬などには配合されていませんが、睡眠改善薬ではこの成分が配合されています。

抗ヒスタミン成分とは

睡眠のリズムを整える漢方薬

自律神経のバランスを整えたり、体質の改善をしながら徐々に睡眠のリズムを整えていくのが漢方薬です。

それらの漢方薬は市販されていて、ドラッグストアで購入することもできますが、最近は不眠の改善に漢方薬を処方する医師も増えていますので、不眠の他にも気になる症状がある方は病院で相談してみると良いかと思います。

ドラッグストアで購入する場合も、薬剤師や登録販売者にご相談くださいね。

柴胡加竜骨牡蛎湯
  • 【効能効果】体力中等度以上で、精神不安があって、動悸、不眠、便秘などを伴う次の諸症:
    高血圧の随伴症状(動悸、不安、不眠)、神経症、更年期神経症、小児夜泣き、便秘
  • 【代表的な製品】クラシエ柴胡加竜骨牡蛎湯、ツムラ柴胡加竜骨牡蛎湯、など。
酸棗仁湯
  • 【効能効果】体力中等度以下で、心身が疲れ、精神不安、不眠などがあるものの次の諸症:
    不眠症、神経症
  • 【代表的な製品】漢方ナイトミン、など。
抑肝散
  • 【効能効果】体力中等度をめやすとして、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症(神経過敏)、歯ぎしり、更年期障害、血の道症
  • 【代表的な製品】アロパノール、など。

睡眠改善薬について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る