咳止め薬に配合されている成分別に、その特徴をまとめました。


咳止めの成分と副作用

ここでは、市販の咳止め薬に配合されている主な成分について、その作用と副作用を解説していきます。市販の咳止め薬は剤型の種類も豊富で、錠剤やカプセル・顆粒・シロップ剤があり、服用できる回数が商品によって異なります。また、咳に効く漢方薬もいくつか販売されていますが、意外に効果が早く出ます。

成分の構成によって適した症状がありますので、出ている症状に合う商品を選ぶようにしましょう。どの商品が合っているか分かりにくいと思います。また、商品によっては眠くなったり、便秘になるなどの副作用が生じますから、商品選びは専門家に相談すると良いですね。

咳止め薬のイメージ


成分について

咳止め薬には、咳を鎮める成分・痰を出しやすくする成分・気管支拡張成分・アレルギーを抑える成分・咳止め効果のある生薬などが配合されています。

中枢性鎮咳成分

延髄にある咳嗽中枢の興奮を鎮めます。

麻薬性鎮咳成分
  • コデインリン酸水和物、ジヒドロコデインリン酸塩、など。
  • 特徴】依存性がある成分のため、「麻薬性鎮咳成分」と呼ばれています。
  • 長期連用、用法用量を超えた服用は絶対にしてはいけません。
  • 気道分泌を抑制する作用があり、喘息発作を誘発したり、悪化させるおそれがあります。
  • また、母乳に移行するため、授乳中は服用してはいけません。
  • 主な副作用】便秘、眠気など。
非麻薬性鎮咳成分
  • ノスカピン、デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物、チペピジンヒペンズ酸塩、など。
  • 特徴】麻薬性鎮咳成分に比べると、咳を止める作用は弱くなりますが、依存性や便秘などの副作用がないため、比較的安全な成分です。





気管支拡張成分

交感神経に作用して、気管支を拡張させて呼吸を楽にします。咳や喘息の症状を鎮めます。

気管支拡張成分
  • メトキシフェナミン塩酸塩、メチルエフェドリン塩酸塩、ジブロフィリン、テオフィリン、など。
  • 主な副作用】交感神経の興奮により血圧の上昇や心拍数の増加、血糖値の上昇などがあるため、高血圧や糖尿病、心臓疾患などの持病がある方は注意が必要です。


去痰成分

しつこい咳を引き起こす痰を排泄します。

去痰成分
  • ブロムヘキシン塩酸塩、グアイフェネシン、グアヤコールスルホン酸カリウム、カルボシステイン、エチルシステイン塩酸塩、など。
  • 特徴】気道粘膜の粘液の分泌を増やして痰を薄めたり、痰の粘り気を取ることで痰を出しやすくします。


抗炎症成分

咳止め薬以外に、総合風邪薬、鼻炎薬、痔のお薬などにも配合されています。

抗炎症成分
  • トラネキサム酸、リゾチーム塩酸塩、グリチルリチン酸、など。
  • 特徴】痛みや炎症を引き起こす原因物質の産生を抑え、気道の炎症を鎮めます。

注意事項

・トラネキサム酸
血栓のできやすい人や、脳血栓、心筋梗塞などの診断を受けた人は注意が必要です。

・リゾチーム塩酸塩
卵アレルギーの人は服用できません。

・グリチルリチン酸
長期連用により、むくみが出ることがあります。特に高齢者は要注意。



抗ヒスタミン成分

風邪薬や鼻炎薬などにも配合されている、主にアレルギーによる症状を鎮める成分です。

抗ヒスタミン成分
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩、マレイン酸カルビノキサミンなど。
  • 特徴】アレルギー性の咳を鎮めたり、喉のムズムズ・イガイガ感を和らげます。
  • 主な副作用】強烈な眠気、口渇などがあります。


生薬

生薬とは、漢方薬を構成するものでもありますが、咳止め薬や総合風邪薬などに配合されていることがあります。

カンゾウ 有効成分はグリチルリチン酸。喉の痛みや咳を和らげます。
キキョウ・セネガ 気道の粘液の分泌を増やして、痰を薄めて出しやすくします。
キョウニン 咳中枢の興奮を鎮めて、咳を抑えます。
ニンジン 咳による体力の消耗を防ぎます。
ナンテンジツ 喉の痛みや炎症を抑え、咳を鎮めます。


咳に効果のある漢方薬

葛根湯のような、いわゆる漢方の風邪薬ですが、下記は「咳」がある人向けの漢方薬の代表的な処方です。寒気があるかどうかや、痰の粘り、喉の乾燥感など、症状や体質によって選択する処方が変わります。

桔梗湯 喉が腫れて痛み、ときに咳がでるものの次の諸症:扁桃炎、扁桃周囲炎。体力にかかわらず使用できます。
小青竜湯 体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出るものの次の諸症:気管支炎、気管支ぜんそく、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症。
※体が冷えると鼻水や咳が出る人に。
麦門冬湯 体力中等度以下で、たんが切れにくく、ときに強くせきこみ、又は咽頭の乾燥感があるものの次の諸症:からぜき、気管支炎、気管支ぜんそく、咽頭炎、しわがれ声。
※痰がない咳か、痰があるが喉にへばりついた感じで、出しにくい時。
麻杏甘石湯 体力中等度以上で、せきが出て、ときにのどが渇くものの次の諸症: せき、小児ぜんそく、気管支ぜんそく、気管支炎、感冒、痔の痛み。
※痰はないが、咳が激しく出る時。
五虎湯 体力中等度以上で、せきが強くでるものの次の諸症:せき、気管支ぜんそく、気管支炎、小児ぜんそく、感冒、痔の痛み。
※粘りのある痰、顔が赤らむほど強く咳き込む時に。


副作用とは

鼻炎のお薬や風邪薬を飲んで眠くなった経験は、ありませんか?この眠気が、副作用と呼ばれるものです。

風邪薬の場合


作用⇒ 鼻水を止める、熱を下げる、頭痛を和らげる、咳を鎮めるなど。

副作用⇒ 眠くなる、口が渇く、便秘する、胃がムカムカするなど。

ご存じの方も多いと思いますが、このように医薬品には作用と副作用があり、副作用のない医薬品はありません。ただ、同じ咳止め薬でも、便秘の副作用がある成分と、そうでない成分がありますし、製品によって副作用は違ってきます。

薬剤師や登録販売者に相談することで、こうしたリスクの回避ができますので、購入の際は専門家に相談してみて下さい。

咳や咳止め薬に関するコンテンツ



咳止め薬について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る