柴胡桂枝湯の種類。その特徴や選び方をまとめています。


お腹にくる風邪に柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)

柴胡桂枝湯のイメージ通常の風邪は、1週間程度で回復していくんですが、なかなか良くならないこともありますね。柴胡桂枝湯は、風邪の中期から後期にかけての吐き気やお腹の痛みを伴う風邪に服用する漢方薬です

葛根湯麻黄湯、桂枝湯が風邪の初期に適しているのに対して、柴胡桂枝湯は風邪の中期から後期で、腹痛や吐き気を伴ういわゆる「お腹にくる風邪」に適しています。

柴胡桂枝湯は、風邪だけでなく、胃腸炎や胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などに処方されることもあり、臓器の炎症を鎮める漢方薬として知られています。

ウィルス性の胃腸炎では激しい嘔吐や下痢が起こりますが、一般的な風邪でも症状が長引くと食欲が低下したり、胃腸の機能が低下したりして、下痢や吐き気などの症状が出ることがありますね。

咳や鼻水などの風邪症状はだいたい治まったんだけれど、胃のムカムカやお腹の痛み、微熱があるな・・という時に飲む漢方薬です。

お腹にくる風邪



風邪の中期から後期に

柴胡桂枝湯の効能効果には、下記のような記載があります。

体力中等度又はやや虚弱で、多くは腹痛を伴い、ときに微熱・寒気・頭痛・はきけなどのあるものの次の諸症:
胃腸炎、かぜの中期から後期の症状


食欲が低下して吐き気がある時に、総合風邪薬や痛み止めのお薬を飲むのは、少ししんどいですね。風邪薬鎮痛剤の中には胃を荒らしてしまう成分もあるので、腹痛や吐き気などがある時には風邪薬ではなくて、柴胡桂枝湯のような漢方薬で様子を見ると良いかもしれません。


嘔吐する時は専門家に相談して

お腹にくる風邪には、ノロウィルスなどの感染力の強いウィルス性の胃腸炎もあります。

軽い下痢や腹痛、吐き気であれば、柴胡桂枝湯でも良いかと思いますが、高熱や嘔吐の症状が出る場合は、ウィルス性胃腸炎の可能性もありますので、早い段階で医療機関を受診することをお勧めします。

ノロウィルス以外にも、たとえばインフルエンザのB型なども胃腸炎のような症状を伴うことが多々ありますので、症状が重いと感じたら医師や薬剤師に相談して、早めに対処するようにしましょう。





市販されている代表的な柴胡桂枝湯

市販されている商品は少ないのですが、柴胡桂枝湯を取り扱っていないドラッグストアは、おそらく無いでしょう。

※ドリンクタイプは体温程度に温めて(もしくはお湯割りにして)飲んでいただくと、胃への刺激が少なく、効果も得やすいかと思います。


ドリンクタイプ(1日分)

ツムラ漢方内服液 柴胡桂枝湯S 30ml×3
  • 1日3回服用。
  • 15歳未満は服用できません。

クラシエ柴胡桂枝湯液 30ml×3
  • 1日3回服用。
  • 15歳未満は服用できません。



顆粒タイプの柴胡桂枝湯

1回分ずつ分包されていますので、携帯に便利であることと、サッとお水で飲むことができるため、漢方薬の味が苦手な方には顆粒タイプがお勧め。

クラシエ柴胡桂枝湯エキス顆粒A
  • 1日3回服用タイプ。
  • 4歳から服用可能。

ツムラ漢方 柴胡桂枝湯エキス顆粒A
  • 1日2回服用タイプ。
  • 2歳から服用可能。

代表的な総合風邪薬の種類と特徴


総合風邪薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る