市販のステロイド薬の選び方や特徴について。強さや副作用も分かりやすく解説しています。


ステロイド軟膏とは

皮膚の炎症を抑えるお薬

ステロイドは、皮膚の炎症を抑えるお薬として、塗り薬、注射や飲み薬、目薬、座薬など、さまざまなお薬の成分として配合されています。炎症を抑える成分ですが、たとえば炎症のもとになっているバイ菌をやっつけるなど原因に直接作用するのではなく、私たちの体の反応を低下させることによって、体の中で起きている炎症を鎮めます。市販薬では、主に虫刺されやかぶれ・アレルギーによる痒みや腫れを鎮める目的で使用されます。


ステロイド成分のはたらき


非ステロイド成分と比較すると、痒みや炎症を鎮める効果が高いため、それらの症状が強い場合にはステロイド成分を用いて速やかに症状を鎮めることで、掻き壊しによる化膿や二次感染を防ぎます。そのため、市販薬では、湿疹・皮膚炎・虫刺され・かぶれ・蕁麻疹などの外用薬や、痔のお薬などに配合され、患部の炎症を抑える成分として活用されています。

同じ部位に長期間使用し続けない、広い範囲に塗らない、顔や陰部・頭皮など薬の吸収が高い部位への使用を避けるなど、市販の皮膚薬でステロイド成分を含む商品を使用する場合は、いくつかの注意点があります。また、使用してはいけないケースもありますので、自己判断で購入して使用するのではなく、薬剤師や登録販売者からしっかり情報提供を受けて使用することをお勧めします。






ステロイド成分はアレルギー物質などによる痒みや腫れを鎮める効果も持っているため、医療用医薬品ではアトピー性皮膚炎の治療などに使用されていますが、市販の皮膚薬には効能・効果に「アトピー性皮膚炎」が記載されている商品はありません。したがって、市販薬では対応できませんので、かかりつけの医師にご相談ください。





ステロイドの基礎知識

ステロイド市販薬一覧と商品の特徴

ステロイドの市販薬一覧と商品の特徴市販のステロイド薬の種類と、それぞれの商品の特徴を分かりやすく一覧表にまとめてみました。

痒みの強さや炎症の度合いなどの症状や、虫刺され、おむつかぶれといった原因によっても適した商品が違いますので、商品を選ぶ時の参考になればと思います。続きはこちら>>

ステロイド軟膏の強さ

ステロイドの強さステロイドは、作用の強さによって5つにランク分けされています。病院で処方されるステロイドと市販されているステロイドでは、その作用の強さに違いがあります。

医療用のお薬も含めて、成分ごとにその強さと注意点をまとめました。医療用と市販薬の特徴についても解説しています。続きはこちら>>

ステロイド軟膏の副作用

ステロイド軟膏の副作用ステロイド軟膏を使用するにあたって、一番気になるのが副作用だと思います。使い方を誤ると副作用を生じることがありますが、用法用量を守って適切に使用すれば、怖い薬ではありません。

ステロイド軟膏にはどんな副作用があるのか?、副作用を起こさないためのポイントを書いています。続きはこちら>>

よくある相談と質問

ステロイド軟膏によくある相談と質問ドラッグストアの店頭で多いステロイド軟膏に関する質問や、相談でよくあるケースについてまとめてみました。

いまさら聞けない、ステロイドの素朴な疑問や、代表的な質問とその回答を掲載しています。続きはこちら>>

ステロイドに関するコンテンツ



ステロイド軟膏を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る