ステロイド市販薬の主な副作用について、分かりやすく解説しています。


ステロイド軟膏の副作用

副作用を正しく理解する

ステロイド軟膏の副作用ステロイドに「副作用がコワい」というイメージをお持ちの方は多いと思います。

しかし、ステロイドに限らず、どのお薬にも必ず副作用があります。

用法用量や使用する期間など、医師の指示や『使用上の注意』を守り、適正に使用していれば、副作用の発現はそう多くありません。

勝手に塗る量を減らしたり増やしたり、途中で使用を中止するなど、自己判断での使用によって起きてしまう副作用の方が、多いような印象を受けます。

副作用を避けるには、お薬の用法用量や塗り方、副作用について正しく理解しておくことが大事なのです。



ステロイド軟膏の主な副作用

感染症

ステロイド成分は、長期間使用することによって免疫力を低下させてしまうため、真菌や細菌などの感染症にかかりやすくなります。

これは、ステロイドが白血球が菌と戦う機能を低下させてしまうためで、この状態を「易感染」といいます。

化膿した患部には雑菌が繁殖していることがあるため、ただれがひどい部位にはステロイドを使用しない、同じところに長期間(2週間以上)塗らないなどの注意が必要です。

皮膚が薄くなる

皮膚から血管が透けて見えるほど、皮膚がまるで紙のように薄くなっている状態です。
「ステロイド軟膏が美白に効く!」と、過去に一度ブームになったことがありましたね。

たしかに、肌は白くなるのですが、皮膚はどんどん薄くなり、細かいシワができるなどの症状が現れます。

ステロイドを中止することで徐々に回復しますが、皮膚に違和感等を感じる場合は、専門医を受診してください。

皮膚の毛細血管の拡張

長期間のステロイド軟膏の使用によって、皮膚の毛細血管が拡張し、顔が紅潮して見える症状が現れます。いわゆる「酒さ様皮膚炎」です。

顔は皮膚が薄いため、特に、顔への使用は注意が必要です。

鼻や頬・額などが、お酒を飲んだ時のように赤く紅潮することから、このような呼び名がついています。

ステロイド軟膏の使用によって、赤ら顔になってきたと感じたら、直ちに使用を中止して皮膚科医に相談してください。

リバウンド現象

ステロイド軟膏を長期間使用した時などに、よく起きる現象です。

たとえば、アトピー性皮膚炎などでステロイド軟膏を使用している時に、症状がまだ良くなっていないのに急に使用を止めたりすると、症状が急激に悪化することがあります。

ステロイドは、体の反応(免疫力)を低下させることで症状を抑えていますので、使用を中止することで、それまで抑えられていた体の反応が急激に目を覚まします。

その結果、患部の痒みや赤み、炎症などが一気に現れるわけです。

ステロイド成分の性質として、使用を中止する時は、いきなりゼロにするのではなく、塗る回数や量を徐々に減らしていくようにしましょう。

ステロイドのコントロールが難しいと感じた時は、迷わず皮膚科を受診して下さい。

皮膚科医が解説する『ステロイドの種類』

ステロイド軟膏の副作用を、医師の患者の両方を意見を紹介しながら解説した動画です。少し前の動画なんですが、副作用のことが良く分かる動画ですので、ぜひご覧下さい。

ステロイド軟膏を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る