プレコールシリーズの種類。その特徴や選び方をまとめています。


ピリン系の風邪薬・プレコール持続性カプセル

プレコール持続性カプセルのイメージ総合風邪薬のアイテム数は少なく、3種類しかないのですが、市販薬の中で唯一、ピリン系の解熱鎮痛成分「イソプロピルアンチピリン」を配合しているのがプレコール持続性カプセル。

ピリン系の解熱鎮痛成分は、風邪にともなう喉の痛みや頭痛、関節の痛みなどに高い効果を発揮しますが、人によっては蕁麻疹などの副作用が出てしまうこともあります(ピリン疹など)。

体質によって合わない方もいらっしゃいますので、過去に風邪薬や痛み止めで皮膚に湿疹や蕁麻疹が出たり、めまいなどの不快な症状が出たことがある人は、購入する前に薬剤師や登録販売者にご相談くださいね。





プレコールシリーズ一覧(第一三共ヘルスケア)

ファミリーで飲めるタイプ(商品によって使用できる年齢が違います)

お子さんから大人まで飲めるタイプの商品には、アセトアミノフェンが配合されています。ピリン系の成分は配合されていません。下記の2品目も、非ピリン系のお薬になっています。

プレコール持続性ファミリー錠
  • 朝・晩の1日2回の服用の持続性かぜ薬。
  • 7歳から服用可能。

プレコールエース顆粒
  • 葛根湯を配合した総合かぜ薬。
  • 1歳から服用可能。




15歳以上(大人専用)の商品

商品名にもあるように、1日2回の服用でOKの持続性カプセルになっています。解熱鎮痛成分は、ピリン系のイソプロピルアンチピリンアセトアミノフェンのW処方で、喉の痛みや頭痛、熱などに効果を発揮します。

プレコール持続性カプセル
  • 熱や喉の痛みがつらい風邪に。
  • ピリン系の総合かぜ薬
  • 15歳未満は服用できません。

代表的な総合風邪薬の種類と特徴


総合風邪薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る