30代くらいの若い時期に現れる若年性更年期障害についてまとめています。


実は違う、若年性更年期障害と、通常の更年期障害

更年期障害と若年性更年期障害はちがう

若年性更年期障害とは、その名の通り20代~30代の若い時期に起こる更年期障害ということですが、本来、更年期は若年化しないとも言われています。更年期障害のような症状が出ていても、それは「自律神経失調」や「PMS(月経前症候群)」などの別の病気であることがほとんどで、若年性更年期障害は本物の更年期障害ではないと考えるのが一般的です。

もともと、月経は自律神経による影響を受けやすく、また、急激なダイエットによる栄養不良によって生理が止まってしまうこともあり、数ヶ月間生理が止まったとしても「閉経」であるとは限りません。

しかし、40歳になる前に生理が止まってしまい、女性ホルモンの数値などの検査結果から、「閉経」という診断がなされるケースもあります。生理が止まってしまったり、周期が不安定になったら、まずはその原因を見つけることが大事です。

若年性更年期障害のイメージ


若年性更年期障害の症状

症状は更年期障害とほぼ同じ

更年期障害の症状はこちらのページでも解説していますが、40代くらいから女性ホルモン(エストロゲン)の分泌の低下にともなって、体と心の両方にさまざまな症状が出始めます。

しかし、20~30代であっても、たとえば産後などもホルモンバランスが崩れやすいですし、過労やストレスで月経周期が乱れたりすることは珍しくありません。下痢便秘胃腸の不快感、不眠、疲れが取れにくいなどのサインが出た時は、無理せず休息を心掛けるようにしましょう。

ただ、甲状腺機能障害やうつ病、自律神経失調症といった病気が隠れていることもありますので、不調が続くようなら病院を受診することをお勧めします。

PMS(生理前症候群)とは

生理前になるとイライラしたり、集中力が維持出来なかったり、肩こり頭痛、便秘などの身体的な症状を生理前症候群(PMS)と言います

生理前は便秘になるけれど、生理が始まると今度は下痢になるなど、真逆の症状が繰り返されたり、気分の浮き沈みがあったりと、日常生活にも多少の支障が出ることもありますが、生活習慣の見直しや漢方薬などでの体質改善によって症状が軽減されることもあります。

ストレスや疲労を溜め込まず、また、一人で我慢したりせずに、自分に合った対処法を見つけましょう。

何科で診てもらえばいいの?

不調が続く場合は、内科的な病気がないかどうかや、婦人科系の異常がないかなど、体全体の状態を検査していきますので、まずは内科で診てもらうと良いのかもしれません。

どんな症状が特に顕著に出ているのかによっても違うと思いますが、内科的な病気がなく、生理周期に関連する症状が強いようなら、やはり婦人科で診てもらい、治療も婦人科で行うのが一般的だと思います。



若年性更年期障害の主な治療法

無月経なら早めの受診を

月経が止まっていたり、エストロゲンの分泌が極端に少なくなっている場合は、更年期障害と同じように女性ホルモンの補充療法が行われることもあります。女性ホルモンの値は、血液検査ですぐに分かります。

無排卵や無月経などの症状がある場合は、症状を長期間放置しておくと改善しにくいと言われていますので、早めの受診をお勧めします

月経は定期的にあるけれど、その周期に影響されて不快な症状が出ている場合は、漢方薬で症状が改善することもありますので、症状が軽ければまずは市販の漢方薬(婦人薬)を試してみるのも良いかもしれません。

若年性更年期障害やPMSに効く市販の漢方薬

20代~30代の女性の体の不調を整えるお薬として、市販されている商品がいくつかあります。いずれも漢方薬ですので、ある程度の期間(2週間~1ヶ月くらい)飲んでみると良いと思います。購入する際には、お店で薬剤師や登録販売者に相談してみてください。

?命の母ホワイト(小林製薬)
  • 20代~30代の女性の生理に関連した体の不調に。ホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れを整える生薬を配合しています。
  • 血行を促進して体を温めます。生理痛や頭痛、冷え性などを改善していきます。

?ルビーナめぐり(武田薬品)
  • 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)に、体を温める「人参」を加えた漢方処方です。人参は弱った胃腸機能も改善します。
  • 冷え性や貧血傾向にともなうむくみや頭痛、頭重、めまい、たちくらみ、 月経不順などに。

?桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)(クラシエ)
  • 体力中等度以上で、足腰は冷えるが上半身はのぼせ気味の方に。肩こりや頭痛、めまい、月経痛などにも。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)(クラシエ)
  • 体力が虚弱で、貧血、足腰の冷え、めまい、肩こり、動悸、むくみやすく筋力の弱い方などに適しています。

?加味逍遥散(かみしょうようさん)(クラシエ)
  • 体力中等度以下で、肩こり、頭痛、めまい、不眠や、イライラ感などの精神不安がある人に適しています。

更年期障害について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る