1日2回服用と3回服用の鼻炎薬はどう使い分ける?


市販の鼻づまりの飲み薬

市販薬の種類

鼻づまりを解消するための市販薬は、非常にたくさん売られています。いわゆる『鼻炎薬』です。風邪やアレルギー性鼻炎などの、くしゃみ・鼻水・鼻づまりといった鼻症状の緩和をするためのお薬で、大きく分けて次の2種類があります。

錠剤・カプセル・粉薬などの内服薬(飲み薬)

鼻の中に直接シュッと吹きかける点鼻薬






鼻づまりが起きる原因は、風邪、蓄膿症、花粉症・ハウスダストなどによるアレルギー反応など、さまざまですが、市販の鼻炎薬はツライ鼻づまりや鼻水などを一時的に緩和させるもので、病気そのものを根本的に治療するものではありません。

そのため、市販薬は長期間飲み続けるものではありません。1週間服用しても症状が改善しない場合は、耳鼻科の医師や薬剤師・登録販売者に相談して下さい。

蓄膿症の市販薬については、こちらのページで解説しています


飲み薬(内服薬)の種類

飲み薬ですので、お薬が全身に働きます。

鼻づまりだけでなく、くしゃみ、鼻みず(鼻汁過多)、なみだ目、のどの痛み、頭重(頭が重い)など、いろんな症状に効きますが、眠気や口の渇きといった、困った現象(副作用)も出てしまいます。

1日3回飲むタイプが主流ですが、1日2回のタイプはお薬がゆっくり時間をかけて溶けるようになっていて、効果が長時間持続するようになっています。

3回飲む場合は、朝・昼・晩に飲むんですが、2回タイプは朝と晩に服用します。

どちらが効くか?という効き目の差はあまりなく、お昼は仕事で忙しくて薬を飲めないなど、ライフスタイルに合わせて選ぶと良いと思います。





市販されている代表的な製品

1日1回服用するタイプ

アレジオン20(エスエス製薬)
  • 医療用と同量のエピナスチン塩酸塩を1錠あたり20mg配合。眠くなりにくいアレルギー性鼻炎内服薬です。1日1回、寝る前に服用します。
          


1日2回服用するタイプ

アレグラFX(久光製薬)
  • 第2世代抗ヒスタミン成分のフェキソフェナジン塩酸塩を配合。眠くなりにくいのが特徴。空腹時にも服用できます。アレルギー性鼻炎に。
          
プレコール持続性鼻炎カプセル(第一三共ヘルスケア)
  • 6種類もの成分が配合されているのが特徴。カプセルの中に、速く溶ける粒と遅く溶ける粒の2種類を配合しているため、1回飲むと8~10時間効果が持続します。
          
ストナリニS(佐藤製薬)
  • 錠剤は、外側が胃で溶け、内側が腸で溶ける二層構造になっているため、お薬の効果が長く続くのが特徴で、飲みやすい糖衣錠になっています。
          
パブロン鼻炎カプセルS(大正製薬)
  • 白色のはやく溶ける顆粒と、オレンジ色のゆっくり溶ける顆粒が配合してあるので、1日2回の服用で効果を得ることができます。
          
コンタック600プラス(グラクソ・スミスクライン)
  • 7歳から大人まで服用できるお薬です。卵アレルギーのある方は服用できません。
          
ザジテンAL鼻炎カプセル(ノバルティスファーマ)
  • 抗アレルギー薬の「ケトチフェンフマル酸塩」という成分を配合したアレルギー専用内服薬です。
          


1日3回服用するタイプ

アルガード鼻炎内服薬Z(ロート製薬)
  • 第二世代の抗ヒスタミン剤メキタジンを配合しています。
    メキタジンは、第一世代の抗ヒスタミン剤に比べ、効果が長く続く、眠くなりにくいなどの特徴があります。
          
エスタック鼻炎ソフトニスキャップ(エスエス製薬)
  • くしゃみや鼻のムズムズなどのアレルギー症状、鼻水、鼻づまりを改善する3つの成分が配合されたお薬。
    ソフトカプセルの中に液体のお薬が入っているため、溶けが早く、効き目も速いのが特徴です。
          
スカイナー鼻炎N(エーザイ)
  • くしゃみ・鼻水・鼻づまりを緩和するのはもちろん、鼻粘膜の炎症の後の組織の修復を助けたり、鼻炎に伴う頭重を和らげてくれるお薬です。
    血管収縮成分が配合されてないので、鼻づまりが強い方へは少し物足りないかもしれません。
          
アネトンアルメディ鼻炎錠(武田薬品)
  • 鼻水・鼻づまりに効果のある生薬が配合されているのが特徴。
          


水なしで服用できるタイプ

ストナリニ・サット(佐藤製薬)
  • お口の中で溶けるタイプのお薬で、お口に入れてから約5秒で溶けるようにできています。比較的眠気が少ないタイプ。
          
コルゲンコーワ鼻炎フィルム(興和)
  • 厚さわずか0.13mmのフィルムの中に、鼻症状に効く成分を入れた、新しい剤型のお薬です。
    紙のように薄いので、お財布の中にも入り、携帯にも便利!
          


子ども用鼻炎薬

2歳未満のお子さんの場合は、小児科への受診を最優先にし、市販薬はやむを得ない時にのみ使用してください。

ストナリニ・サット小児用(佐藤製薬)
  • 第二世代の抗ヒスタミン剤メキタジンを配合しています。
    メキタジンは、第一世代の抗ヒスタミン剤に比べ、効果が長く続く、眠くなりにくいなどの特徴があります。
          
宇津こども鼻炎シロップA(宇津救命丸)
  • ノンシュガー・ノンカフェインなので、睡眠を妨げたり、虫歯の心配がありません。安全キャップ採用。
          


鼻水・鼻づまりに効く漢方薬

小青竜湯エキス顆粒A(クラシエ)
  • 鼻水や鼻づまりに効く漢方のお薬です。
    一般的な鼻炎薬のような眠気がありません。
    体力が中等度または、やや虚弱な方の鼻症状に効果を発揮する漢方薬で、水っぽい透明の鼻水や、うすい水様の痰を伴う咳が出る時に服用します。
          

鼻づまりに関するコンテンツいろいろ



鼻づまりに関連する悩み

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る