湿布薬の他に、クリームやゲルなどの塗り薬もあります。それらの特徴と違いについて解説しています。


湿布薬とクリーム・ゲルの違い

外用の消炎鎮痛剤には、湿布薬以外にもクリーム剤やゲルがあります。いわゆる「塗り薬」です。

市販薬では、バンテリンのクリームやゲルなどが代表的ですね。

クリーム剤は、水と油を混ぜて作った乳性の基剤ですので、皮膚への浸透やのびが良いのが特徴です。

湿布薬と塗り薬(クリーム・ゲル)の違い

一方のゲルは、水性の基剤で、クリーム剤よりも更にさっぱりとした使用感があります。

その他にも、液体タイプやスプレー剤、クリーミーゲル、エアロゲル、チックなど、さまざまな基剤の塗り薬が発売されていますので、それぞれの性質や特徴について簡単に解説したいと思います。



塗り薬のタイプと特徴

クリーム
  • 乳状でのびが良く皮膚への浸透が良いので、患部をマッサージしながら薬剤を塗り込みたい時に適している。
  • 【商品例】バンテリンコーワクリーム、フェイタスクリーム
ゲル
  • 透明な水性の基剤。ゲルが皮膚に膜を作ることによって、薬剤の効果が長く続きます。
  • アルコールが配合されているため、皮膚が弱い方はかぶれることもあります。
  • べたつかないのが特徴。
  • 【商品例】ボルタレンEXゲル、ジクロテクトPROゲル、バンテリンコーワゲル
軟膏 皮膚表面の保護作用は高い。ベタつきが強いのが難点。
  • 【商品例】タイガーバーム
液体
  • 手を汚さずに塗れるタイプの商品が多数。
  • 液体なので広い範囲にも塗りやすく、ベタつきもないというメリットも。
  • 【商品例】ボルタレンEXローション、ジクロテクトPROローション、バンテリンコーワ液
スプレー
  • 広い範囲に瞬時に薬剤を塗布できる。冷却効果もあるため、スポーツ時のアクシデントや、患部を冷やしながら痛みを取りたい時に。
  • 【商品例】ジクロテクトPROスプレー、バンテリンコーワエアロゲル
チック
  • ゲルを固形状に固めた状態の薬剤。ロールアップする容器が一般的で、手を汚さずに塗れるのがメリット。
  • ゲルやクリームに比べるとのびは悪いのが難点。
  • 【商品例】ゼノールエクサムSX、フェイタスチック

湿布薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る