頭痛を伴う吐き気や、片頭痛の症状について簡単に解説しています。


脳疾患と吐き気の関係

吐き気に強い頭痛を伴う場合

脳内に異常が起きている場合にも、吐き気や嘔吐の症状が出ることがあります。くも膜下出血では、突然激しい頭痛と吐き気・嘔吐が起きて、意識を失って危険な状態に陥ることがあります。

また、脳梗塞では手足や顔面(口のまわり)などの麻痺、ろれつが回らないなど、明らかな自覚症状が出ますので、そのような症状が出た場合は、一刻も早く医療機関を受診しましょう。このように、脳疾患の場合は一刻を争うケースが多いのが特徴です。強い頭痛と共に吐き気や嘔吐がある場合は、躊躇せずに病院(脳神経外科等)へ行って下さいね。


吐き気をともなう頭痛


脳梗塞などの疾患の他に、転んで頭を強く打ったというようなケースでも、吐き気が出ることがあります。頭を強くぶつけた後24時間以内に吐き気があったり、実際に嘔吐するようなことがあれば、念のため受診することをお勧めします。

吐き気はなくても、腫れや痛みが強いようなら病院を受診してくださいね。





片頭痛

片頭痛とともに吐き気を訴える人は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか?片頭痛は体質だから仕方がない・・と諦めている方もいらっしゃるんですが、病院では片頭痛専門の治療薬がありますので、市販薬では効き目がないという場合や、片頭痛によって日常生活に大きな支障が出てしまう方は、専門の医師に診てもらうことをおススメします。

「自分は片頭痛持ちなんです」とおっしゃる方でも、病院でちゃんと検査したことがある方はとても少ないんですね。下の表にあるように、頭痛とともに吐き気が起きる疾患はいろいろありますから、自己判断するのではなく、一度きっちり診てもらいましょう。


くも膜下出血
  • 突然発症することが多く、「ハンマーで殴られたような」強烈な頭痛が特徴です。一刻も早く医療機関を受診してください。
脳腫瘍
  • 腫瘍が脳を圧迫するため、頭痛や吐き気を生じます。物が二重に見える、視界が狭くなるなどの症状が出ることもあります。
  • こちらも異常を感じたらすぐに受診してください。
緑内障
  • 眼圧が上昇するため、頭痛と吐き気の両方が起こります。内科では原因が分からず、眼科で調べたら緑内障が原因と判明するケースもよく見られます。
片頭痛
  • 若い女性に多い疾患で、強い頭痛とともに吐き気を訴えるケースが非常に多いです。
  • 片頭痛専用の治療薬がありますので、頭痛外来や脳神経外科の受診をおススメします。
群発頭痛
  • 主に20~40代の男性に多い疾患で、目の奥を強く引っ張られるような激しい痛みが特徴です。
  • 飲酒やストレスが引き金となっていることもあるため、飲酒は控えましょう。
  • 市販の鎮痛薬では効果がないこともありますので、脳神経外科等を受診してください。

吐き気に関係する病気



吐き気の原因と対処法

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る