のどにくる風邪に効く代表的な製品。その種類と特徴をまとめています。


のどにくる風邪には

ルルシリーズのイメージ喉の痛みや腫れが辛い風邪には、それを解消してくれる成分を配合した風邪薬を選ぶと良いですね。

右の写真の「ルルアタックEX」も、のどにくる風邪に良く効く製品なんですが、パッケージに「のどの痛み・発熱」と大きく記載されているので、一般の方々にも分かりやすいかと思います。

のどの痛みに効く理由として、


など、成分に大きな特徴があります。

イブプロフェンは、のどの腫れや痛みを取り除いたり、熱や頭痛、節々の痛みを和らげたりと、消炎効果の高い解熱鎮痛成分で、成分の効能効果にも『咽頭痛(のどの痛み)』という記載がされています(アセトアミノフェンは、炎症を抑える効果は若干弱くなります)。

一般的に、喉が腫れて痛む風邪では、高熱が出やすい傾向があるため、熱や痛みの緩和に優れた成分を配合した製品が適しているというわけなんです。ただし、このイブプロフェンは15歳未満の服用はできませんので、大人専用のお薬ということになります。






持病や薬へのアレルギーのある人は専門家に相談して

トラネキサム酸は、止血剤としても使用される成分ですので、血栓ができやすい、血液が止まりにくいなど、血液の病気の治療を受けている人は服用を避けてください。

のどに来る風邪



のどにくる風邪に効く代表的な製品

ファミリーで飲めるタイプ(商品によって使用できる年齢が違います)

のどの痛みや腫れに効く成分(トラネキサム酸・グリチルリチン酸・リゾチーム塩酸塩など)が配合されている総合風邪薬で、代表的な製品をご紹介します。

解熱鎮痛成分は「アセトアミノフェン」です。

新ルルAゴールドDX錠
  • 喉の痛みや炎症を鎮めるトラネキサム酸配合。 喉の痛みがつらい人向け。
  • 携帯に便利な分包(細粒)タイプもあり。
  • 7歳から服用可能。

パブロンSゴールド微粒
  • 卵アレルギーのある方は服用できません。
  • 微粒の他に錠剤もあります。



15歳以上(大人専用)の商品

大人用(15歳以上)の商品には、解熱鎮痛薬として「イブプロフェン」が配合されています。

イブプロフェンは、炎症や痛みの元になっている物質の産生を抑える作用があるため、喉の痛みや関節の痛み、頭痛など、「痛み」や「熱」にすぐれた効果を発揮します(15歳未満は服用できません)。

ルルアタックEX
  • 顆粒の他に錠剤もあります。
  • 15歳未満は服用できません。

ストナアイビージェル
  • 熱や喉の痛みがつらい風邪に。
  • イブプロフェン配合。
  • 15歳未満は服用できません。

エスタックイブ
  • 錠剤の他に顆粒(粉薬)もあります。
  • ビタミンC、ビタミンB1配合。
  • 15歳未満は服用できません。

コルゲンコーワIB錠TX
  • 熱や喉の痛みがつらい風邪に。
  • イブプロフェンとトラネキサム酸を配合。
  • 15歳未満は服用できません。

パブロンエースAX顆粒
  • 顆粒の他に錠剤もあります。
  • 15歳未満は服用できません。

ベンザブロックLプラス(カプレット)
  • 熱や喉の痛み、痰の絡んだ咳がつらい風邪に。
  • 解熱鎮痛成分は、イブプロフェンを配合。痰の粘りを取ってくれるL-カルボシステインを配合しています。
  • 15歳未満は服用できません。



のどの痛みとがつらい風邪には

総合風邪薬ではありませんが、喉の痛みと咳が出る風邪に効く商品をいくつかご紹介します。

桔梗湯内服液(クラシエ)
  • のどの腫れと痛み。時に咳がある時に効く液体の漢方薬。 扁桃炎・扁桃周囲炎。
  • 15歳未満は服用できません。

ベンザブロックせき止め液(武田薬品)
  • トラネキサム酸を配合した咳止め液。のどの痛みを伴う咳が出る時に。
  • 15歳未満は服用できません。



のどの痛みとがつらい時に

こちらも総合風邪薬ではなく、解熱鎮痛成分であるイブプロフェンと喉の炎症を鎮めるトラネキサム酸の2つの成分を配合した製品。

鼻症状に効く成分は配合されていません。のどの痛みと熱、頭痛などがある時に。

イントウェル(小林製薬)
  • のどの腫れと痛み、熱のある時に。
  • 15歳未満は服用できません。

代表的な総合風邪薬の種類と特徴


総合風邪薬を知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る