妊娠と下痢の関係。主な注意点について。


妊娠中の下痢

妊娠中の下痢妊娠中、特に初期の頃に下痢になってしまう妊婦さんは多いようです。

妊娠初期は、ホルモンの劇的な変化や自律神経が乱れにより下痢が起こりやすくなります。

つわりで食欲不振に陥ったりもするので、下痢まで起きてしまうと体力が消耗して、とても辛いですね。

また、ひどい下痢が続くと、流産してしまうのでは・・と心配される妊婦さんもいらっしゃると思います。

しかし、妊娠中に市販の下痢止め薬を安易に服用するのはおススメできません。

下痢が辛い場合は、産婦人科の主治医に相談して下さいね。

妊娠と下痢の関係

妊娠と下痢の関係妊娠初期に下痢になってしまう妊婦さんは多いんですが、逆に、妊娠後期に入ると、大きくなった子宮に腸が圧迫されて便秘になりやすくなる傾向があります。

また、妊娠中は体が過敏になる傾向があって、ちょっとのことでお腹をこわす・・ってこともよくあるようです。

たとえば、今までは平気だったのに、牛乳を飲むと便がゆるくなる・・とか。

胃腸のトラブルがちょっと増えるのが、妊娠中の悩みでもあります。

妊娠によって味覚が変わったりして、栄養が偏りがちになることもあるので、栄養のバランスや規則正しい食生活を心掛けるようにしましょう。

あまり心配することはありませんが、下痢が長く続く場合や、腹痛や倦怠感を伴う場合などは主治医に相談してください。

妊娠中の下痢で気をつけること

妊娠初期は下痢になりやすく、妊婦さんは「流産してしまうのでは・・」と非常に心配になると思います。

妊娠初期(2~3ヶ月)は赤ちゃんもとても小さいので、実際のところ、下痢が直接的に流産を引き起こすことはほとんどないと言われています。

また、つわりや下痢で体重が落ちてしまうと、「お腹の赤ちゃんが育たないのでは?」と心配する人もいますが、妊娠初期の胎児は、お母さんの体に蓄えられた栄養分だけでちゃんと育つことができます。

ただ、妊娠後期になっても下痢が続いて体重が減少するということになれば、やはりそれは問題がありますので、産科の医師に相談するようにしてくださいね。

妊娠中の胃腸のトラブルは、自己判断で市販薬を服用するのではなく、小さな問題でもきちんと主治医に相談することが大事です。



下痢について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る