妊婦さんや産後のママの痔と市販薬について解説しています。


妊娠中・産後の痔について

意外に多い女性の痔

ある企業の調査によると、出産経験のある女性では実に7割近く、出産経験の無い女性でも5割の人が、痔の経験があると回答しています。女性は男性に比べ便秘しやすいことが、痔の大きな原因の一つとされています。


便秘の要因

  • 生理前には女性ホルモン(黄体ホルモン)の影響から、腸のぜん動運動が弱まる。
  • 便意を催してもトイレに行きにくい環境であるなど、便秘が習慣となっている。
  • 無理なダイエットにより、水分や繊維質が不足しやすい。

そしてこの便秘と言うのは、肛門にとってはとても大きなダメージがあり、内痔核や外痔核などの、いわゆるいぼ痔の大きな原因となりますし、女性に切れ痔が多いのも、便秘が多いからと考えられています。

管理人が肛門病院に入院して痔の手術を受けた時も、半分近くは女性の患者さんがいらっしゃいましたね。潜在的には、もっと悩んでいる女性患者が多いのではないでしょうか?

どうしても恥ずかしくて痔の診察を受けられないという場合は、女医さんのいる肛門科で診察を受けると良いと思います。


こちらも併せて読みたい
 ・川口肛門胃腸クリニックの院内を全て見せてもらった (2016年7月28日更新)
 ・普段は聞けない、痔の診察についての話し~触診や肛門鏡を使った視診~
 ・今どきの痔の手術は痛くない~麻酔の方が痛いかも~


妊娠中・産後の痔について

妊娠中の痔の原因と傾向

妊娠初期や中期頃までは、それほど問題はないのですが、後期に差し掛かってお腹が大きくなってくると、大きくなった子宮に腸が圧迫されてしまい、ぜん動運動が弱くなるため、どうしても便秘になりやすくなります。

また、同じように大きくなった子宮が直腸や肛門付近に大きな圧力をかけるため、血行不良になったり、うっ血しやすい状態を作ってしまうんですね。

そのため、妊娠後期の妊婦さんは、どうしても痔になりやすくなります。 その多くは「いぼ痔」ですが、便秘がひどい方の場合は、出血を伴う切れ痔になってしまうこともあります。

主治医に相談するのが一番


妊娠中の痔は、自己判断で市販薬を使用するのではなく、かかりつけの産婦人科の医師に相談するのが最善です。

市販薬には、妊娠中でも使用できるお薬はあるのですが、産婦人科でも痔の坐剤や軟膏を処方してくれますので、まずは相談してみてください。

痔を放置したまま出産すると、産後の傷の痛みと痔の痛みでかなり辛い状態になりますので、症状に気付いたら早めに診てもらうようにしましょう。


現在は妊娠していないけれど、これから子供を作りたいと思っている妊活中の人で痔の症状がある人は、早めに治療しておきましょう。


出産後の痔の原因と傾向

出産予定日が近づくと、赤ちゃんの頭が段々降りてきて、これまでよりも一層直腸や肛門に圧がかかるようになります。

そして、出産時には数時間に渡って陣痛が続き、分娩になると全身の力を振り絞って、何度もいきまなければなりません。ものすごい力でいきみますので、それによって「いぼ痔」になってしまうことは珍しいことではありません。

妊娠中から痔がある人は、出産時に症状が悪化しやすい傾向があります。 軽度の場合は、産後数日で症状が治ってしまうことが多いようですが、ケアをしないと長引くこともありますので、入院中にお薬を処方してもらい、ケアの仕方や対処法をしっかり学んでおきましょう。


妊娠中や産後にも使える市販の痔の薬

妊娠中や産後にも使えるお薬は市販されていますが、痔の症状によっては市販薬では対応できないこともありますので、数日使用してみても効果がない時は、医師や薬剤師に相談してください。

?ボラギノールM坐剤(武田薬品)
  • ステロイド成分を配合していない痔の座薬。痛みや腫れが軽度の場合に。

ボラギノールM(武田薬品)
  • ステロイド成分を配合していない痔の塗り薬。痛みや腫れが軽度の場合に。

プリザクールジェル(大正製薬)
  • ステロイド成分を配合していません。ジェルタイプでべたつかないクールな使用感が特徴。 軽い痔、痔になりかけの人向け。

間宮アロエ軟膏(小林製薬)
  • アロエ葉末を配合した油性の軟膏。痔だけでなく軽い火傷など傷全般に使用できます。

クラシエ薬品紫雲膏(クラシエ)
  • 漢方の塗り薬。痔の腫れや痛みを和らげます。紫色の軟膏が特徴。

?

痔について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る