妊娠中に起こりやすい胃の不調や、その原因について解説しています。


妊娠中の胃もたれ

妊娠初期に起こる胃もたれや吐き気の原因は、完全には解明されていませんが、ホルモンの劇的な変化や妊娠したことへの不安や期待といった心理的な影響が自律神経の乱れを引き起こしているのではないかと言われています。

初期の頃は、吐き気や食欲不振などの、いわゆるつわり症状が多く見られますが、中期から後期にかけては、徐々に大きくなった子宮に胃が圧迫されて、たくさん食べられないなどの不快感が出ることが多くなります


妊娠中の胃もたれ



胃腸の動きも弱くなり、食べたものが長時間胃の中に留まるようになるため、胃もたれ・げっぷ・膨満感などの不快感も。妊娠期間は長いので、このような不快感が続くのは非常に辛いですね。食べると気持ちが悪くなる人もいますが、「食べづわり」と言われるような「空腹時になるとムカムカするので、常に何か食べている」状態の妊婦さんもいらっしゃいますね。

妊娠中の胃の不具合は、本当に人それぞれなので、辛い時は産科の主治医に相談してみると良いと思いますが、基本的には投薬ではなく食事の内容を見直ながら改善を目指します。





妊娠中の胃もたれ対策

妊娠中は、お腹の赤ちゃんのためにも栄養のバランスが整った食事を摂りたいですね。しかし、体重が増えすぎると難産の要因になったり、お産のリスクが高くなりますから、妊娠中の体重管理は重要です。

高タンパク・低カロリーで、なおかつ消化の良い食べ物を摂るようにしましょう。

よく噛んで、ゆっくり食べる

非常に基本的なことですが、胃もたれを防ぐためには、できるだけ細かく噛み砕いてから胃へ送り込むことが大事ですね。よく噛むことで唾液がしっかり出ますし、唾液は消化を助けます。また、早食いを防止することにもなりますから、食べすぎを予防して体重増加を防ぐことにもつながります。


胃もたれの予防、よく噛んで食べる


一度にたくさん食べず、食事の回数を増やす

妊娠後期は大きくなった子宮に圧迫されて、一度にたくさん食べられなくなることがあります。一日三食と決めずに、一食の量を少なめにして回数を増やします。食べすぎないことがポイント! 腹八分目を心掛けましょう。


食後2~3時間は横にならないようにする

これは、妊婦さんに限ったことではありませんが、食べた後にすぐに横になってしまうと、食べたものがげっぷと一緒に逆流してしまったり、胃の動きが弱くなって消化が遅れるなど良くないことが多いので、食後2~3時間は上体を起こしていましょう。


カフェイン・香辛料など胃を刺激する食べ物をなるべく避ける

食欲増進や気分のリフレッシュなど、香辛料などには良い効果もあるんですが、摂りすぎは良くありません。濃い味付けは塩分の量も多めです。妊娠中は塩分の摂りすぎも良くないですから、日頃から薄味の食事を心掛けましょう。

また、コーヒーや緑茶・紅茶などには、カフェインが多く含まれています。胃もたれを防ぐという観点以外にも、カフェインは胎盤を通過して赤ちゃんに移行しますので、1日1~2杯なら問題ありませんが摂りすぎには注意が必要です。


妊娠中の胃もたれ

症状別で選ぶ胃腸薬と胃もたれに関するコンテンツ



胃もたれについて知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る