日常生活の中で起こる吐き気について、分かりやすく解説しています。


吐き気と嘔吐について

吐き気の医学的な解説

脳の延髄(えんずい)に、嘔吐(おうと)を起こさせる嘔吐中枢があります。嘔吐中枢が刺激されると、その信号が迷走神経、脊髄神経、横隔膜神経を介して胃の周囲の筋群に伝えられ、吐き気が起こります。吐き気が続いたり強くなると、実際に胃の中のものを吐いてしまうこともあります。

一般的に、次のような吐き気は医療機関を受診した方が良いとされています。

  • 強い頭痛を伴う時
  • 熱と嘔吐を伴う時
  • 強いめまいを伴う時
  • 強い腹痛を伴う時
  • 吐いたものの中に血が混じっている時



胃に起こる症状なので、胃腸が原因だと思われがちですが、実は胃腸以外の疾患が原因となっているケースもあるんです


吐き気と嘔吐について



そう多い事例ではないと思いますが、片頭痛や生理痛などの強い痛みによって、吐き気や嘔吐が起こってしまうという人もいます。また、風邪の初期などによくみられる軽い吐き気は、喉の炎症やムズムズ感、咳や痰の刺激によって嘔吐反射が起こっているケースもあったりします。胃の不具合以外の理由で吐き気が起こることもあるんですね。





日常生活で起こる吐き気

日常生活の中の吐き気吐き気とは、みぞおちのあたりがムカムカしたり、吐いてしまいそうになる不快感をいいます。

食べすぎやお酒の飲みすぎストレス乗り物酔いなど、日常生活の中で起こる吐き気もありますが、場合によって命の危険を知らせる信号であることもありますので、吐き気についての簡単な基礎知識があると役に立ちます。

日常生活で感じる吐き気の対処法として、市販の胃腸薬を利用するという手もありますが、胃腸薬は非常に種類も多いので、どの胃腸薬を飲めばいいのか分からない方も多いかと思います。

このサイトでは、日常の吐き気から重大な疾患の初期症状に起こる吐き気についての基礎知識と、市販の胃腸薬の上手な利用法について、市販薬販売に長年携わった医薬品の専門家が解説しています。


下痢の症状が強い方はコチラのページをご覧ください

胃もたれの症状が強い方はコチラのページをご覧ください

吐き気がある時に選ぶ市販の胃腸薬

市販の胃腸薬は非常に種類が多く、効能効果も商品によって違います。また、吐き気が起こっている原因が何なのかによっても選択する商品が異なりますが、日常生活の中で起きる吐き気の場合、市販の胃腸薬を利用することで、ある程度改善することが出来ます。

しかし、中には胃腸薬の服用が適してないケースもありますし、間違った薬選びをすると症状が悪化することがありますので、どの胃腸薬がいいのか分からない場合は薬剤師や登録販売者に相談することをおススメします。

サクロンQ(エーザイ)

  • 胃粘膜に直接作用して、胃酸やアルコールなどの刺激をブロックします。刺激によって起こる吐き気やムカムカ、胃痛に。15歳未満は服用できません。

タナベ胃腸薬 調律(田辺三菱製薬)

  • 胃もたれやむかつきに。胃腸の動きを整えるトリメブチンマレイン酸塩を配合。
    食べすぎや加齢による胃もたれ、吐き気に。

アルピタン(小林製薬)

  • アルコール等による頭痛、吐き気に。漢方薬の五苓散料エキスを配合した商品。
  • 五苓散⇒のどが渇いて尿量が少ないもので、頭痛、はきけ、嘔吐、めまい、腹痛、むくみ等のいずれかを伴う次の諸症:水様性下痢、急性胃腸炎(しぶり腹のものには使用しないこと)、暑気あたり、むくみ、頭痛、二日酔

大正漢方胃腸内服液(大正製薬)

  • 「五苓散ゴレイサン」と「黄連解毒湯オウレンゲドクトウ」の2つの漢方薬を配合したドリンクタイプの胃腸薬。二日酔いの吐き気、むかつき、胃もたれなどに。

吐き気に関係する病気



吐き気の原因と対処法

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る