日々の生活の中でおこるむくみの解消法や原因について。


生活の中でおこるむくみの原因と対処法

むくみ(特に脚)がおこる原因としては、立ちっぱなしによるものが多いですね。水は上から下に流れる性質があります。私たちの心臓は常に拍動をして血液を送り出していますが、体中を巡った血液を心臓へ送り返すのは、脚の筋肉(主にふくらはぎ)の役割。歩くたびにふくらはぎがポンプのような働きをして、脚の血液を心臓へ戻してくれます。一日中立ちっぱなしだったり、座りっぱなしだったりすると、そのポンプがうまく機能せずに、下半身に浮腫が起きやすくなるというわけです。

つまり、運動不足によって血液の循環が悪くなる、いわゆる血行不良の状態がベースにあります。この血行不良は冷えなどによっても起こりやすく、むくみが女性に多いのはそういった理由もあるのかもしれません。また、女性は男性に比べて脚の筋肉量も少ないため、血液を心臓に押し戻す力がどうしても弱くなりがちです。


むくみの原因と対処法


むくみが起きる原因

  • 起立している時間が長い(立ちっぱなしの仕事に従事しているなど)
  • 冷えや運動不足による血行不良がある
  • 塩分の多い食事を好む傾向があり、血圧も高めである
  • お酒を飲む機会が多く、睡眠も不足しがちである
  • 夜遅くに食事をすることが多い



日常生活の中でおこるむくみには、主に上記のような要因が考えられます。そのほか、肝臓病や腎臓病、心臓病などによるむくみも稀にありますので、むくみのほかに付随する症状がある場合は一度病院で検査してもらった方が安心です。また、妊娠中もむくみが起きやすいと言われています。すねのあたりを指で押して、皮膚がくぼんでしばらく元に戻らない症状が見られた場合は、かかりつけの医師に相談しましょう。



むくみやすい体の部位は

立ちっぱなしによるむくみは主に脚に出ますが、暴飲暴食や睡眠不足などによるむくみは、顔や腕・脚など全身に及ぶことがあります。立ちっぱなしによるむくみなどの一般的な軽度のむくみでは、夕方以降に症状が出て、一夜明けた朝には解消していることが多いんですが、食事や疲労が影響するむくみの場合は、起床時に顕著に起こりやすい傾向があります。

睡眠時は体が水平になるので、摂りすぎた水分が全身に行き渡ってしまい、結果として顔や手の指など体の至るところがむくんでしまうのです。まぶたが腫れぼったくなったり、指の曲げ伸ばしがうまくできなくなった経験がありませんか?それも摂りすぎた水分の仕業ですね。そのため、朝スッキリと目覚めることができず、倦怠感に悩まされたり、疲れが取れない・・という慢性的な疲労感が続くこともあります。







むくみの対処法と解消法

着圧ソックスや入浴・マッサージで解消する

朝は大丈夫だけど、午後や夕方になると足がむくむ・・。立ちっぱなしによるむくみは、時間が経つにつれてひどくなる傾向があります。対策としては着圧効果のあるストッキングや靴下を履いて、適度に締め付けることでむくみを予防することが非常に有効です。

ゆっくりバスタブに浸かったり、入浴後にクリームなどを塗って軽くマッサージすると循環が良くなり、寝ている間にむくみが解消されやすくなりますね。日常的な軽いむくみであれば、こうした日常の工夫によって対処することができると思います。





食生活とライフスタイルの見直しも必要

塩分の摂りすぎはむくみの大きな原因になります。塩分を多く摂ると循環血液量が増え、水分も多く抱え込むことになってしまうからです。その結果、心臓や腎臓にも負担をかけることになりますし、血圧の上昇といった症状も生じることがあります。

また、夜遅くまでお酒をたくさん飲んだり、食事をしてすぐに寝たりすると、翌朝体中がむくんでいた・・という経験者も多いと思います。むくみが起こるのは当然ですね。できるだけ就寝する3時間くらい前には食事を済ませましょう。その後入浴して血流を良くしておくことで、適度に発汗して就寝前の排尿を促すこともできます。

こうした見直しをしても改善しない場合には、市販の漢方薬などを試してみるのも良いと思いますが、お薬を飲んでいても、生活が変わっていなければむくみはなかなか改善しません。原因は生活の中にあることが多いですから、まずは根本を見直しましょう。


むくみの改善には食生活の見直しを




むくみ・水太り・めまいに関するコンテンツいろいろ

以下、ビタミンやミネラル関連のページになります。ご興味のある部分から、ご確認ください。



 

むくみ・水太りについて知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る