水のような便が出るのはなぜ?水便が出る時の注意点について。


水下痢の正体は?

水下痢の正体は健康な便は、形や大きさがバナナ状だとよくいわれますね。

健康な便に比較して、水分が多く軟らかめの便を軟便、それよりもっとドロドロした便を泥状便(下痢便)、水のような便を水様便といいます。

激しい下痢が続いて、ほとんど色のついてない「水」のような便が出た経験はありませんか?

水道の蛇口から水が出るように、勢いよくパシャーッと水便が出ると、驚くと同時にすごく心配になりますね。

便の状態を目安にする

腸内の水分量一般的に、私たちは食事などから1日2Lの水分を摂取していると言われています。

そして、胆汁や胃液、膵液といった消化液が加わって、腸管には1日に約8Lもの水分が流れ込みます。

そのうち、約6Lが小腸で、約2Lが大腸で吸収されます。

健康な便とされる「バナナ状」の便は、水分が約70%くらいと言われていて、この水分の割合が大きくなると、便が「軟便」「下痢便」へと変化していきます。

便の水分量が増える要因

ストレスや緊張

ストレスや緊張により腸の運動が異常に高まると、内容物が腸管を通り過ぎるスピードが速くなり、十分に水分を吸収されないため、水分の多い便になります。

細菌やウイルス、食中毒による急性の胃腸炎

細菌やウイルスによる急性の胃腸炎や食中毒による下痢の場合、私たちの体が毒素を早く体外へ排出しようと生体防御反応が働き、腸管内の水分の分泌が増加します。

その結果、通常の下痢よりも更に水っぽい便になることが多くなります。

?白っぽい水便が出たら


ある特定の抗生物質を服用している時に、お米のとぎ汁のような便が出ることがあります。とぎ汁のような白っぽい水便が出る時は、かかりつけの医師に相談してください。



水下痢で気をつけること

水下痢で気をつけること私たちが食事で摂った水分や消化液が、腸管で吸収されずに出てきてしまうのが水下痢。

軽い下痢ではあまり見られませんが、細菌やウイルスによる下痢や、抗生物質などの薬剤による下痢で比較的多く見られます。

体に悪いものが侵入した時は、その物質を早く追い出そうとして腸の動きが活発になり、水分を吸収する暇もなく出てしまうんですね。

大量の水分が出てしまうということは、脱水症状も起こしやすくなります。

脱水症状が進むと循環血流量も減少し、それによって、多臓器不全やショック・意識障害など重篤な状態に陥ることも。

また、体に必要な塩分やミネラルも一緒にに流れ出てしまうので、アルカローシスやアシドーシスといった電解質異常を来すおそれもあるので、特に高齢者などは注意が必要です。

下痢について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る