更年期障害の主な症状についてまとめています。


更年期障害の症状は、実はこんなにもあるんです

おもな症状、ホットフラッシュやのどの違和感なども・・・

女性ホルモンのバランスが乱れると、いろいろな症状が出るようになりますが、その症状は本当に人それぞれです。特徴としては、肉体的な症状だけではないということ。不眠や不安感、イライラといったメンタルの症状が出ることもあります。

体で感じる症状 肩こり、むくみ、めまい、頭痛、のぼせ、ホットフラッシュ、手足の冷え、喉のつかえみぞおちのつかえ胃腸不良、耳鳴り、下痢便秘発汗頻尿、動悸・息切れなど。
心で感じる症状 眠れない、疲れが取れない、食事が美味しくない、意欲がわかない、家事がおっくうになる、人に会いたくない、集中力の欠如、物忘れ、不安感イライラなど。



肩こりや頭痛、むくみなどは、更年期に限らず起こる症状ですから、これらの症状が出た時にこれが更年期症状だと思う人は少ないかもしれませんね。ホットフラッシュ(急な顔のほてり)や異常に汗をかくなど、更年期独特な症状が出るようになってはじめて、更年期を自覚する人が多いのかもしれません。

しかし、ドラッグストアの店頭でよくある相談事例としては、喉の異物感や違和感を訴える人が意外に多く、眠りが浅くなった、疲れが取れにくくなった、というような慢性的な症状に悩まされているケースが多く見られます。

とても辛い症状があれば病院へ行くのでしょうが、「倦怠感や喉の違和感くらいで病院へ行くのはちょっと・・」と躊躇してしまうのかもしれませんね。しかし、症状が重くなってからではなく、「ちょっとおかしいな・・」と思った時に対処した方が改善も早いですから、自分の身体のサインを見逃さないことが大事です。





更年期障害に効く市販薬は、こちらで解説しています。



病院へ行っても異常が見つからない「不定愁訴」

症状がコロコロ変わることもある

更年期症状の特徴として、症状が一定せずに日によってコロコロ変わるということがあります。また、症状がいくつも重なって出ることもあるため、どう対処したらいいのか分からないというお悩みもよく耳にします。

上記の表にもまとめたように、更年期では心とカラダにさまざまな症状が出ますが、これらは病院で診てもらっても「特に異常は見られない」ケースがほとんどです。

実際には辛い症状がいくつもあるのに、検査では異常が見られない場合、これを不定愁訴(ふていしゅうそ)といいますが、更年期障害はまさにこの不定愁訴が代表的な症状といえますね。

また、集中力の欠如や意欲の低下、不眠といった症状は、放置しておくとうつ病へと進行することもありますので、休息やストレス解消の機会を増やすなどして、疲労を溜め込まない工夫や、「ダメな自分」などと自分を責めないことも大事です。

漢方薬は、こうした不定愁訴の解消を得意としていますので、不快な症状がいくつか出てきたら、漢方薬を試してみるのも良いのではないかと思います。

更年期に効く婦人薬のイメージ



更年期の症状はずっとは続かない

更年期とは、閉経をはさんで前後10年くらいを指しますが、その間ずっと辛い症状が続くわけではありません。個人差はあれど、ピークは1~2年ではないかと思います。また、最近は治療法の選択も幅広くなっていて、自分に合ったお薬や治療法を見つけやすくなっていますし、更年期障害を専門としたクリニックや漢方薬局も増えてきました。

更年期障害は辛い症状が続くこともありますが、命を奪われるような重い病気ではありませんし、長い人生の中での一つの通過点にすぎません。

ただ、自分一人で悩むのはやはり辛いですから、お薬の力を借りたり、周囲の人達にサポートしてもらいながら過ごすのが一番ではないかと思います。

更年期障害について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る