男性の更年期障害について、その原因や症状をまとめています。


男性の更年期障害はどんな症状なの?

女性の更年期障害と似てるようで、ちょっと違う

女性の更年期障害は、多くの人に知られていますが、男性にも更年期障害があることは、これまであまり知られてこなかったと思います。

歳を重ねるにしたがって、疲れやすくなったり、お酒がたくさん飲めなくなったり、肉体的な衰えを感じることはあっても、それが「更年期」と自覚する男性は少ないのではないでしょうか。

実際、女性の更年期と男性の更年期では、ちょっとだけ症状や特徴が違います。女性の更年期障害では、下記の表のように身体と心にたくさんの症状が現れますが、男性の場合は、それに性に関する症状が加わります。

体で感じる症状 肩こり、むくみ、めまい、頭痛、のぼせ、ホットフラッシュ、手足の冷え、喉のつかえみぞおちのつかえ胃腸不良、耳鳴り、下痢便秘発汗頻尿、動悸・息切れなど。
心で感じる症状 眠れない、疲れが取れない、食事が美味しくない、意欲がわかない、家事がおっくうになる、人に会いたくない、集中力の欠如、物忘れ、不安感イライラなど。


いわゆるEDなど、性欲の減退や性機能の低下が男性更年期の症状としてクローズアップされがちですが、女性の更年期と同じようにホットフラッシュや冷えの症状を訴える人も少なくありません。

また、意欲の低下や気分が沈むなど、うつ症状が現れることもありますので、女性の更年期と同じように、体全体のバランスを整えていくような治療が必要になってきます。


男性更年期障害のイメージ



女性のように期間が定まっていない

男性の更年期障害は、男性ホルモン(テストステロン)の低下によって起こります。しかし、ホルモン量に劇的な変化はなく、症状には個人差があります。

また、女性には「閉経」という分かりやすい現象がありますし、更年期と呼ばれるのは閉経の前後5年間(45歳~55歳くらい)という風に、年齢である程度判断することができますが、男性の場合は年齢による区切りがつけにくいという特徴があります。

いつスタートして、いつ終わるのかが分かりにくいのが男性更年期の特徴ですね

女性の更年期障害は、特に治療をしなくても時間の経過とともに徐々に症状が軽減されていくこともありますが、男性の更年期障害では自然に改善することは少ないようです。



男性更年期障害の傾向と、主な治療法

うつ病や生活習慣病などの重い病気に発展することも

男性ホルモン(テストステロン)は、性欲や性機能に大きな影響を及ぼしますが、そのほかにも、テストステロンの低下によって内臓脂肪がつきやすくなるため、メタボリックシンドロームのリスクが高くなるといわれています。

また、テストステロンが低下すると、うつ病になりやすいとも言われており、また、重症化しやすいとも言われています。男性は女性のように自分の悩みを人に話したりしない傾向がありますので、女性と比較するとうつ病が悪化しやすいのかもしれません。

ホルモン補充療法

中高年になってテストステロンの数値が減少して起こる更年期障害を、加齢男性性腺機能低下症候群(Late-onset hypogonadism)といいます。略して「LOH症候群」とも呼ばれています。

テストステロンの数値は、血液検査で見ることができます。症状の度合いや検査結果から、ホルモン補充療法が行われることもあります。補充によって辛い症状が軽減されることもありますので、気になる方は一度検査を受けてみると良いと思います。

前立腺の病気や、高血圧・糖尿病・心臓疾患など、中高年の男性に多い病気がありますから、それらのチェックも含めて、年に一度は検査を受けるといいですね。

何科を受診したらいいの?

女性の更年期障害では「婦人科」を受診しますが、男性の場合は更年期障害の時にどの科を受診したらいいのか分かりづらいですね。

最近は「男性ドック」と称して、男性更年期や前立腺疾患、頻尿などの尿トラブルの検査を含めた健康診断を行っているクリニックも増えているようですので、ネット等で検索してみると良いかもしれません。

一般的に、疲労や不眠、倦怠感、のぼせ、頭痛などの症状があればまずは内科を受診して内科的な異常がないかを一通り検査してもらった方がいいですね。その上で、性機能の低下や尿のトラブルがあれば、泌尿器科で相談すると良いと思います。

更年期障害について知ろう!

カテゴリ別に見る

症状別・製品別に見る